<<< Return


2004年6月19日(土) 

お茶のクラスの生徒さんからご帰国前にマンハッタンでアフタヌーン・ティーを・・・と言うお話があり、数多くの中から私たちはグラマシーにある「Lady Mendel Tea Salon」へうかがいました。クラッシックでアンティークな雰囲気と接客してくださる方の温かさを心に感じました。ティー・フーズとお茶には特別な特徴はなく少し残念でしたが、私はアフタヌーン・ティーでは、このゆったりと流れる時間と豊かな気持ちを大切と思いますので、何とも言えない優しさに時の流れを忘れてしまうほどでした。


2004年6月07日(木) 

アメリカで生活を初めてそろそろ丸4年が経ちます。マンハッタンまで車で30分チョットの距離(渋滞にはまったらとんでもないのですが)なのですが、今日の日本クラブのレクチャーに初めて自分で運転をしていきました。主人の運転では何度も何度も出かけている道のりなのに一人ではドキドもの。57t.Stにある日本クラブは車の駐停車は絶対禁止、でもお道具の搬入をしなくてはいけません(引っ越し・・?と言われるほどの荷物です)前回はチケットをヒラヒラ「切るよ!!」と言われた経験があるだけに 、とても心配でしたが、どうにかクリアし、今回はすべてが無事に終了!ほっと一息です。.

2004年6月01日(木) 

今日はNY Ryeにある「Wainright House」でアフタヌーン・ティー:初夏のレクチャーを行いました。今回のお茶は「この夏のおもてなしに・・・」とアイスティーをベースにしたカクテル・ティーをご紹介しました。アイスティーにリキュールや果汁が加わりますと、なんとも大人のテイストに変わります。この春に南イタリアを旅したときに求めた「ベルガモット」「ローズ」「ピスターシュ」な どなどのリキュール、お菓子にもお茶にもとても相性良く大好きなアイテムの一つです