<<< Return


2004年7月29日(木) 

ダイニングテーブルからぼんやり外を眺めていたら、なにか動くものを感じました。鹿の親子です。と、お話しいたしますと「いったいどんな所に住んでいるの・・?」と思われてしまうかも知れませんね(マンハッタンから車で35分です)。なんとも愛らしいバンビでした。自然に恵まれた環境がここにはあります


2004年7月28日(水) 

3年前に立ち上がる寸前の所で全ての資料を失ってしまったWeb-Site。迷宮入りになるのかしら・・?と思っていた時でした。そんな時「今年の夏休みはWeb-Siteを作るぞ」と主人が・・・この週末から取りかかっています。彼の横で私はもうコックリコックリ夢の中。久しぶりの何の予定もないお休みに最高の幸せを感じています。 写真は5月に友人からいただいたパッション・フラワー。きれいに咲いています。





2004年7月23日(金)
 
朝の天気予報では午後にサンダー・ストームが・・・と言うことでしたのに、レッスンの途中から降り始めた雨が帰りの頃、とても強くなり帰路は渋滞の渦。通常1時間10分の道のりをなんと3時間半もかかって帰宅しました。車の中で「飛行機だったらどこまで行けたかしら・・?」なんてフト考えた私。
夜は家から10分ほどの所にある「バジリコ」と言うイタリアンレストランへ。雰囲気も良くとっても美味しく、デザートのナポレオンも2人で「満足ね!」という時間を過ごしました


2004年7月14日(水)

レッスンが終わり帰宅の後、電車でマンハッタンへ。今日 はOさんにご招待いただいてのワイン・テイスティングです。今回のテーマは「バーガンディー」一昨日「Sherry Layman」でレコメンドしていただいたものを持参です。伺ってみますと著名な方々の面々・・・に、やや圧倒されながらもとてもステキな夜を過ごしました。


2004年7月05日(水)〜09日(金) 

久しぶりにラスベガスです。日本からの友人2人と合流。なんと彼女達の滞在は3泊のみ。でもミュージカル「マンマ・ミーア」、ショーは今話題性の高い「O」を取ることが出来、グランドキャニオンへの飛行機でのツアー、アウトレットでのショッピング・・・。とても濃厚なスケジュールになりました。主人と「ツアコンみたいね」なんて・・・でもそれも楽しい時です。彼女たちは最初あまり乗り気でなかったカジノに最後の夜はドップリはまり、夜中まで過ごしたようです。私は主人に言わせると絶対に向いているとのことですが、カジノで一攫千金を夢見るより、お菓子の夢を見ている方が幸せ!

2004年7月02日(金) 

昨日から続く・・・主人と4人で我が家の近くにある「フォッカッチャ」というレストランで食事をし、お腹いっぱいになって帰宅をしましたら、周りはなぜか真っ暗!!昨年のブラック・アウトの再現・・?と思わせるような雰囲気(といっても私たちは旅の途中でしたので経験しておりませんが)、ガレージも開か ない、ドアも鍵がかかっている・・・ああどうしよう、と思ったのですが、いつもでしたら玄関の鍵を2つ、チェーンもかけるのに今日は外から開く鍵のみかけて出かけたのです。家に入ることができ、ホット胸をなで下ろしましたものの、家の中は真っ暗、キャンドルに灯りを点してマグカップを片手にみんなで外へ・・・実は今玄関前の木々に夜になると蛍が一面に灯りを放ちます。まるでクリスマス・ツリーのようにキラキラと輝いています。そんな自然の絵画干渉の夜を過ごし、早めにベットに入りました。朝になったら停電は治まっていました。 写真は蛍が納まらなかったのでツリーで代用


2004年7月01日(木)

こちらで親しくさせていただいたRさんが日本へ帰国されて1年がすぎました。久しぶりに昨日彼女が我が家へお見えになりました。昨日はのんびりと二人でお茶をいただきながら近況を語り合い、今日はプリンストン大学でスカッシュのキャンプの終わる彼女のお嬢さんを迎えに出かけました。プリンストンはプリンストン大学でも有名ですが、落ち着いた雰囲気のすてきな街です。我が家から車で1時間ほどの所にあります。少し早めにでかけ、メインストリートにあるNJで一番パンケーキの美味しいと言われているお店で軽いランチを取りました。そして、明日に続く・・・