<<< Return


     2005年6月30日(木) 

1週間ほど留守をいたします。お菓子とお茶の新しいイメージをいっぱい膨らめてみたいと思います。アナナスは今の私のテーマ・・・。我が家のカウンターに鎮座したまま美しく美味しく 変身することをまっているよう、でも実はもう食べちゃった!カルバドスをほんの少しドロップするととても美味しいの。お試しあれ!

 


     2005年6月29日(水) 

人との出会い・・・こちらでの生活が丸5年を迎えようとしています。ロンドンからアメリカに移り、カルチャーの違いに最初は戸惑いもあったのですが、お菓子、お茶、そしてイタリアンクッキングなどのレクチャーを通して数多くの出会いをいたしました。ほんとうに幸せなことだと心から感謝しています。先月のEnjoyをご覧になられて私にコンタクトを取ってくださったMさんと昨日初めてお会いし、ケーキのレッスンをご一緒いたしました。お菓子への情熱が伝わり、心からお好きなんだなぁと感じました。彼女が日本でお習いになられていた先生のお話も少しうかがい、先生のWeb-siteも拝見して、私自身のお菓子に対しての気持ちもますます膨らみました。どちらかというと私は自分からコンタクトを取るのではなく待ってしまうタイプなのですが、時にはその殻を少し叩いてみることも大切なのかもしれません。一つ一つの出会いを大切にしたいと思います。


     2005年6月27日(月) 

週末をのんびりと過ごし、今日からレッスンが始まりました。今日は以前からアフタヌーン・ティーのレクチャーにオファーをいただいていた方々とようやくご一緒できました。なにか初めてお会いしたという気がしないほど、リラックスムードの中でレクチャーに望めました。みなさんの温かい雰囲気なのでしょうね。時々、ふと人と人の繋がりを考えることがあります。誰もが思うことなのかもしれませんが、私は心の温かい人が好き、と共に自分の言葉に責任をもてる人が好きです。私自身もそうありたいと心から思います。


     2005年6月24日(金) 

今日はTさん宅でイタリア人のお友達の送別会。セッティングはTさんがティーフーズはTさんと私で・・・。Tさんはアンティークのお仕事をされていらっしゃいますから、とても素晴らしい器の数々に加え、女性らしく優しいセッティングのセンスがとてもステキです。お客様の「ワ〜〜オッ」っていう感嘆の声が響き渡りました。Tさんのセッティングの中で私のお菓子達は少し存在感が薄いかもしれません。お話しに花が咲きとても楽しい一日でした。お別れ会のあとは夫の会社のお食事会、 渋滞にはまりながら車で2時間半、夜は夜でまた楽しい時間が流れ、長い一日になりました。


     2005年6月23日(木) 

ニュー・ヨークではレストラン・ウィークが始まりました。歯の痛みも少し和らぎ、今日はお友達とランチに出かけました。チョイスは少ないものの、こんなお値段でいいの・・?と言う感じ。写真はTちゃんが選んだショコラのデザートです。ここのところNYはこんな感じのプレーテッド・デザートが主流のような気がします。みんなで話すことと言ったら食べるもののこと!それが一番楽しくもあり、幸せなこと。私はそんな時間が大好きです。 歯は膿と腫れがひくまで抗生物質を飲み、症状が緩和したら神経治療に入り、そして歯の治療になるのだそうです。歯は大切にしなくては・・・


     2005年6月21日(火) 

歯が痛いのは辛いですね。今日、ようやく歯医者さんの予約が取れました。虫歯どころか膿がたまり、その膿が骨を溶かしてしまっているのだそうです。明日にすぐ神経科に行くようにお医者様から言われました。こんなことになるなんて・・・新しいお菓子のイメージがいろいろと出てきているのに、何か今ひとつ元気がでません。 心が ホッ!とする花達に癒されて・・・


     2005年6月19日(日) 

昨日はマンハッタンのヒルトンホテルで行われるDr.日野原重明の講演会に出かける予定でいたのですが、歯の痛みに負けてしまい出かける元気がありませんでした。先ほどYさんから講演会がとてもウィットに富みよかったと言うメールが入りました。あぁ、とても楽しみにしていたことでしたから、チョット無理をしてでも出かければよかったなぁ・・・残念です。


     2005年6月18日(土) 

何もしない一日・・・。昨晩夫は日本から戻りました。何冊かのフード関係の雑誌を頼んでありましたので、それをペラペラとみながらお昼寝をしてしまったようです。さて、その中の一冊に「NY/LAデリ・カフェ」という本があるのですが、日本に置いてのNY情報の多さに驚かされます。まだまだ知らないことがいっぱいです。NYも世界の物が全て揃う街ですが、東京はそれ以上のような気がするのは私だけでしょうか・・?今日は久しぶりに 明日の朝食用にパン(バタートップ) を焼きました。


     2005年6月17日(金) 

英国の初夏の香り・・・久しぶりにサマー・プディングを作りました。なんと言ってもこのお菓子の特徴は食パン。たっぷりのベリー(今日は5種類のベリーを)をコンポートにして合わせます。初めていただいたときには、エッ・・?これを食べるの・・?なんて思いましたが、今ではこの味が妙に懐かしく恋しく感じます。 しかし、美味しそうにみえませんね!?                    ここ数日前から歯が痛み出し、今日は頬がポッこり腫れてしまいました。歯の痛みは辛いですね。


     2005年6月12日(日) 

朝、アンティークの新聞をお茶をいただきながらみていて、フト思い立ちまだ出かけたことのないモールに出かけました。お友達のNさんをお誘いして・・・。もしかしたら トレジャー・ボックスだったかもしれない、このモール。そう、がらくたの山なんです、でも何か魅力ある心くすぐる物がチラホラあるのですもの。Nさん、アメリカン・アンティークに足を踏み入れてしまったよう・・?ウフッ・・・、これからごいっしょできるのが楽しみ!!帰って昨晩の夢の中に出てきた(本当に!!)お菓子をイメージのむくまま仕立ててみました。レモンムースとシャンパンゼリー、そしてトップ面はキラキラ輝く(ように仕立てたかった)ゼリー達です。シャルロット仕立てですがあえてリボンは外しました。


     2005年6月10日(金) 

今日もお友達とのお出かけ、お道具(http://chefcentral.com/)をみてランチをして自宅に戻り、またお茶をいただきながらのんびりおしゃべりをしました。こんな時間を私はしばらく忘れていたような気がします。仕事とプライベートの時間が上手に流れていくと言うことはとても大切なことだと実感しています。


     2005年6月9日(もく) 

マンハッタンへお出かけです。お友達と待ち合わせたものの電車のトラブルにあい、待ち合わせの「Lady M」に30分の遅刻。ひとしきりお話しに花が咲き、その後お道具ツアーに出かけました。先週末から暑い日が続いていますが、今日も暑い暑い・・・。でも楽しい時間が流れました。帰宅後、明日締め切りだというのに今日の今日まで「明日やろうっと」と、みて見ぬ振りをしていた雑誌「Enjoy」の執筆にかかりました。私自身の中でイメージが出来上がっているものの、なかなかまとまった文章にならないし、ぶつぶつ独り言を言いながらどうにか編集者に送りましたのは日にちが変わってからでした。お菓子を作っている方がず〜〜〜っと気楽かもしれません。でも書き上げた今は充実の時です。シャクヤクは私の大好きな花のひとつです


     2005年6月8日(水) 

今日は個人宅でのアフタヌーン・ティーのレクチャーがありました。いつもケーキのクラスでご一緒している方々ですからベーキングの時間から楽しい会話に溢れ時間が流れました。セッティングにはAさんがとてもステキにお花をご用意くださいました。優しい春の色合いが大好きです。レクチャーをご一緒させていただいているときに、時々感じることことがあります。それはティー・メイクにおける茶葉の量と水の量のこと。私が学んだスタイルと日本紅茶協会やブルックボンドが薦めている 茶葉の量や抽出時間が違います。私の中で少しだ け葛藤もあるのですが、私が学んだスタイルを自信を持って生徒さんにお伝えすることが大切なことだと思います。何はともあれ美味しい紅茶を毎日いただけるということは幸せなことです もの!


     2005年6月7日(火) 

今日から新しいスタイルにてのレッスンがスタートしました。しばらくお休みをしてしまいましたので、少し感が戻るまでに時間がかかりそうです。でも、生徒さん達とお菓子を作る時間を共有できることはとても幸せです。 お友達のTさんがお庭を見せてくださるとおっしゃるのでレッスンの後にお寄りしました。昨日のサンダー・ストームで花達は首を傾けてしまっているものもありましたが、それはそれはきれいな花の数々です。その中に私の大好きなレッド・カラントが花々に混じり実を付けているのを見つけました。なんて可愛らしいのでしょう。これから少しずつ赤味を帯びていきます。


     2005年6月4日(土) 

以前、日本クラブの「ステキなお茶の時間(タイトルは私が付けたのではありません)」のレクチャーを受講してくださったKさん。日本へご帰国されましたが、先日メールをいただき、Kさん著書「ニューヨーク駐妻物語」が出版されたニュースをお知らせいただきました。すぐに日系の本屋さんへとおもいながら、なかなか出向けずにいますが、私も近いうちに是非 拝読したいと思っています。とってもたのしみにしています。Kさんサイトはとてもステキなエッセイに溢れていています。http://www.kumykoz.com/html/book.html

 


2005年6月3日(金) 

私の時計の進むテンポに追いつかない一日でした。ウェインライト・ハウスの裏庭にはきれいな海が広がります。そちらをお借りして短い時間で3パターンほどのセッティングをしました。次回のアフタヌーン・ティーのイメージ作りです。残念なことにどんよりとしたお天気で、海と空の青さが出ず、思ったようにはきれいな写真が撮れませんでした。その後、ピアノのお仕事でNYへ見えているRさん(こちらでお友達になり2年ほど前にご帰国されました)とお友達6人で楽しいランチの時間を過ごしました。Rさんは今ピアノのお仕事とコーチングのお仕事をされています。コーチングと言いますのは、クライアントの眠っている実力や秘められた可能性を引きだしてあげるというようなお仕事です。私も彼女がこちらに滞在されている頃には、いろいろな方面でお世話になりました。そしてその後は急いで大好きなSusieとの約束に出かけました。充実の一日でした。


2005年6月2日(木) 

初夏の心地よい風に誘われて、思わず外へ出てみたくなりました。写真を撮りおえて、ゆったりとお茶をいただきました。初夏のイメージを明日も試みるつもりです。お天気は大丈夫かなぁ・・・?


2005年6月1日(水) 

今日はお医者さまへ。お腹より腰の痛みの方が辛いですね。3連休を休みなく忙しくしていた主人がお休みを取り、午後にマンハッタンデイトしました。大好きなヴィレッジを散策したりお買い物をしたり・・・と。特別でない限り予約をしていかない私たちの食事はいつも思いつきで。今日も「何食べよっか〜〜?」と言うことで「平日なら取れるかもしれない」と「BABBO」に電話をしてみましたら、やはり今最も人気なのでしょうね!? 3ヶ月先まで「フル・ブッキング」なんですって・・・、ところが開店前にお店の前で待てば6席のみ予約なしでOkというので、開店5分前にお店へ(の写真)、なんなりと入店、ラッキーでした。最近、私は食べる量が極端に減りました。主人は「パスタとワインのテイスティングメニューを」と言うのですが、これは同じテーブルの私も同じように頼まなくてはいけなくて・・・でも今回は彼の熱意に負けてしまいました。6プレートのうち、3プレート目には「もう、入らない!!」という状況に。これは食いしん坊の私にとっては、まことに寂しいことです。主人曰く「食べて食べて胃を大きくするんだ!!」と、ガチョウじゃないんだから〜!!でも美味しいイタリアンです。