<<< Return


2006年6月30日(金)

最近の夫:「今日のおデザートは・・・?」 ダイエットのために毎日徒歩、電車通勤を始めたのに、これじゃ意味ないような気もするのですが・・・。昨日オーブンのチェックの為にシューを焼いたのですが、これを今日会社に持って いきたい!とのリクエスト。パリジェンヌに仕立てました。ほんのり香るアーモンド、そしてクリームはディプロマート、このシンプルが私の大好きなテイストです。 3時に間に合うように届けました。

昨日、我が家の工事はほぼ終わりました。足場も取れて、すっきりです。ようやくエアコンも使えます。実は私は寒さにはとても強い(真冬でもコートの下は半袖って感じ)のですが、暑さには弱い弱い。エアコンがないと生きていけないほどです、これは大袈裟ではなく、ホント。でもやっぱり体に良くないと言うことを夫から指摘され・・ガマン出来る限りとは思っているの。でも、オーブンを何時間もOnにして、汗だくだくは、やっぱり苦手です。


2006年6月29日(木)

日本でのデコレーションって、どうなるのかな・・?と考えていたのですが、旬のものを使って(このフランボワーズはアメリカ産とのこと)ベリーたっぷりのデコレーションができるのですね。この間から同じようなデコばかりですが、この季節はベリーが美味しいし、この季節を逃したくないもの。ダマンドで焼き上げ、クリームはパティシエール、かなり濃厚なお味ですが、ベリーとの相性が最高に好き!!

今日、私は学生時代の友人お二人に会いました。20数年ぶり・・・。でも時々メールや電話でお話をしていましたから、その長い時間はス〜〜ッと埋まったように思います。ステキな時間に心がとても豊かになりました。大切にしたい時間です。下の写真は真っ白に見えますが、ランチのデザート。ふわふわ泡の下はブラマンジェとエスプレッソが隠れています。とても美味しかった!


2006年6月28日(水)

と、思ったら今日も朝8時半に工事の方が見えまして、慌てまくりでした。夫の中国からおみやげのチェリーと小さな青リンゴを使ってタルトを焼きました。フォンセ、ダマンドにチェリーとリンゴをたっぷり入れて焼き上げ(先日のグレープフルーツと殆ど同じ)、すっかり冷めてからチェリーのコンポート(キルシュを利かせてかなり大人の味に)、そしてリンゴもコンポートにして両方をデコレーションにと思ったのですが、リンゴはどうにも上手くまとまらず、結局生のリンゴを薄く櫛形にスライスしてデコにしました。色が悪くならないようにサッとナパージュして。 で・・・今この写真を見るとチェリーのコンポート、ドライトマトみたいに見える。


2006年6月27日(火)

もうすぐ工事が終わるようです。毎日出かける8時半もそろそろ終わりです。今日は久しぶりにパンを焼きました。あんまりお洒落なパンじゃないけれど、焼きたてを頬ばるのはとっても幸せ!


2006年6月26日(月)

ちょうど、1ヶ月ほど前にうかがった紅茶専門店 Voile d'ete(ヴォワル デテ)へ紅茶好きのお友達と出かけました。今日はランチもいただいて。こちらのお茶のメニューはたいへん豊富です。分別はカンパニー別 (ハロッズとかマリアージュフレールの何々・・・と言う風に)になっていますが、この季節なので茶園直送の新着の茶葉があるのではないかしら・・?と思いうかがってみますと、ちょうど入ってきたばかりのダージリン・スタインタールがあるとおっしゃいます。友人がこちらをお願いしたのですが写真の通り、水色はかなりライトな色合い、香り、お味共に、とても美味しい紅茶でした。


2006年6月25日(日)

昨日、夫は中国への出張から戻りました。日本へ帰国後は北欧との仕事になるようなことでしたが、もう既に2回の中国出張が終わりました。さて、スーツケースのなかには、なにやらフルーツが・・・。アプリコット、チェリー、小さいメロンに青リンゴ、「これぜ〜〜んぶで300円」って、とても嬉しそう。美味しければね!? さて、そのままいただくのも魅力的ですが、なにかお菓子に仕立ててみたいと思っています。写真はさくじつのフロマージュのリベンジ。日本へ帰国後とても目に付くのが、このカップを使ったスタイル。仕立てるとなると、これはセルクルから抜く必要もないし、とっても扱いやすいので便利ね。プレゼントなどには最適!リベンジのお味は、う〜〜ん、もう少し!!


2006年6月24日(土)

土曜ですがお天気がよいので工事の方が見えてくださいます。ランチの約束を友人としており、どうしても出かける前に仕上げたいガトー・フロマージュのデコレーションとグレープフルーツのタルト。友人へのお土産にしたいしテイストをして欲しくて・・・。タルトはOkかな・・?生地はフォンセ、甘さを控えめです、クレームダマンドに果肉をたっぷり入れて焼き上げました。デコレーションもシンプルにナパージュだけでと思いましたが、フレッシュを上から添えました。でも、やっぱりいただくときにはフレッシュはない方が美味しい。そして、フロマージュはテイストが重すぎます。ジョコンド、フロマージュのムース、ドライベリーのコンポートの組み合わせなのですが、ベリーもフレッシュベリーの方が私の描いているものに近いし、チーズの配合ももう少し軽めに仕立てる必要がありそうです。朝なのにデコをしている側から汗をかき(お菓子が・・!)手早くやらなくちゃいけないんだな、って実感しました。そんなわけでデコがToo Muchです。友人宅へのお土産はタルトだけになりました。


2006年6月23日(金)

毎朝、8時半に車を出すために放浪しています。もう少しで工事も終わり・・・朝の弱い私にはもう少しの辛抱です。でも今日フト、思ったのですが、日本での私の生活のなかでは、こんな風に朝の時間帯に車を運転することはあまりないことですし、新しい発見があるな、と思えばそれもまた楽しいことと思っています。そんなわけで、今日は美術館お近くの「Petit a Petit」に焼きたてパンを買いに出かけました。何かとってもいい感じ・・・!!

自宅に戻り、今日はお菓子を作りました。この夏に向けてフロマージュとベリーを合わせてみようと思い、幾つか試したものが冷蔵庫に眠っています。そして、パリでも日本でも流行の(もう去りました・・?)グレープフルーツのタルト。私の大好きなテイストですが、さてさてどんな風になる事やら、明日に仕上げます。夫が留守で、昨日から週末までを東京で過ごす予定でいたのですが、工事の方も毎日見えますので、今回はちょっぴり見送り、そんなわけでシャワーを浴びるとすぐから一人の食事を作りながら冷たいワインを片手に・・・眠くなりました! ホント不良主婦!!


2006年6月22日(木)

「Pasty」 昨年の夏に車でアメリカを旅したときのこと、北端の海沿いの街に「Pasty」の看板をいっぱい見て、地元の人に聞いたのですが、その街は北欧から移民してきた人々が多いらしく、この「Pasty」もその人々が持ってきたもののひとつのようです。そして、何故これかここにあるかと言いますと、私たちがアメリカを発つ前日に、そこに住む夫の会社の方がアイスボックスに入れて送ってきてくれたんです。その場で食べられる状況ではなかったので、なんと日本まで冷凍の状態で持ち帰り、それを今まで冷凍庫に入れておきました。前置きが長くなりましたが、今日はこれをインフォーメーション通りに355℉のオーブンで1時間焼き、ビールと一緒(Pastyにはやっぱりビールでしょぅ!!)に食べてみました。英国のコーンウォールに伝わるコーニッシュパイのようなお味、包んだパイの中にはひき肉とポテトがいっぱいです。素朴でとっても美味しい! 

磯淵氏にアメリカンをお届けすると、「NYを想い出すよ」「NYの香りがするよ!」とおっしゃってくださるのですが、今の私はその懐かしさでちょっとアメリカが恋しくてセンチメンタルになった夜でした。


2006年6月21日(水)  Vol.2

Diary、月ごとにリニューしなくてはいけないのですが、この頁になって半年・・・。ダイアルアップで見ていただいたとしたら、とんでもないことになってしまいます。でも・・・残念ながらこのやり方を私は知らないんです。夫は私に説明しても分かるわけがないと思っているのでしょう。

チョット、美しくない連日なのですが、ピンクグレープフルーツのグラニテを試したくて、何度か作ってみました。こんなに簡単なものですが、でもちょっとした配合でお味って変わるものですね。最終的に落ち着いたものはグレープフルーツにミントを加え、ほんのりアクセントを付けたものでした。


2006年6月21日(水) 

昨日のお菓子ですが、下の写真をチョット見ると美しくないですね。2枚にスライスをしてクリームを間にはさみ、上のジェノワーズをセット、小さなラウンドのカッターで3カ所を丸く抜きそのままカッターを入れたままフランボワーズのジュレを流し固め、デコの段階ではカッターをそのまま綺麗にナッペをして最後に抜こうと思ったのですが、やっぱり企画倒れ・・・。アイディアではフランボワーズがトップの面にシャープな雰囲気でデコレーション用のフルーツの代役の予定だったの。でもジェノワーズと柔らかめのジュレを一緒にいただくと美味しいんです。もう少し工夫してみます。あくまでもこれは夏用のショートケーキとして。

写真は昨日のお茶の時間。Afternoon Teaでのお茶とスコンです。


2006年6月20日(火) 

暑い日が続きます。天窓から暑い陽射しが差し込みますが、工事中のためリビング・ルームのエアコンの室外機が外されていますのでサウナのような状態です。でも、こんな風に汗をかくことは体にいいんだろうなぁ・・・。7月初旬にお店をOpenする予定の友人から少し時間が空いたのでお茶を・・とのお誘い。大きな事業をはじめるのですから、きっと不安もあるのだと思います。でも、彼女の思いのこもったお店がとても楽しみです。

この季節、日本ではケーキのデコレーションに何を使うのでしょう・・?帰国後に行き始めたスーパー・マーケットにはいつでもフランボワーズが並んでいたのに今日はない!!メロン、桃なのかしら・・・? フランボワーズがないのならフランボワーズのジュレを中に忍ばせちゃおうと思い、こんな風に仕上がりました。トップはシュガーで花びらを作って添えました。今はオーブンの癖を掴むためベーシックを焼き続けています。


2006年6月19日(月) 

NYで大きなチャンスを、そしてご一緒してくださったTさんとKさんが来日中。今日はお昼に磯淵氏のTea Room、ディンブラで待ち合わせです。磯淵氏との再会、そしてNYでご一緒したお話しなどに花が咲きました。そして先生のセレクトしてくださったランチにはじまり、スコンにワッフル、数種類のお茶も含めて数多くをいただきました。その全てが美味しかったです。氏のお店を後にして、私たちは銀座のマリアージュ・フレールへ。電車の中でもティー・ルームでもニューヨーク・ティークラブの話やら、これからの私の方向性をアドヴァイスくださったり・・・。お二方はフード・ビジネスに携わっていらっしゃる方ですので、とてもとても参考になります。今、私は自分自身のこれからを少し考えているところです。磯淵氏も夫もそして、今日お会いしたお二人も同じアドヴァイスをくださいます。ポン!と背中を押していただいたように思います。秋の声を聞く頃には新しい形でスタートをしていけたらなぁ、なんて今は漠然と考えています。

写真はランチにといただいたディンブラのスープカレーとスコン、そして合わせてくださったアイスティーも、皆全てがとても美味しの。


2006年6月16日(金) 

昨晩から降り続く雨、今日は工事の方もお休みです。朝からのんびりとすごしました。午後の早い時間に電話が鳴りました。学生時代の友人の懐かしい声でした。私のWEBを時々見てくださって、時々メールの交換をしていました。懐かしくもあり、嬉しくもあり・・・、再会が楽しみです。実は今日は何もしたくない病で、大好きなCDを聴きながら本を読んでいたら、ウトウトとうたた寝・・。そしてフト思い立ち、お菓子を作り始めました。でも、まだ途中です。明日に仕上げようとおもいます。そんなところに、また電話がなりました。お菓子のお友達です。彼女のお菓子はクリエイティブで、見た目にもとても美しいのです。近々お菓子の教室をスタートされるとのお話し。とっても楽しみです。

大好きなシャクヤク


 

2006年6月15日(木) 

朝から何やら雲行きがあやしい・・・シトシトと雨の模様です。お昼前に自宅へ戻ると既に工事の方はお帰りでした。さぁ、今日は何をしようかしら・・?なんて感じの毎日です。まずは卵を室温に戻すものの、やはり部屋の片づけが気になり、取りあえず押し込めたリネンやらカトラリーの整理を始めました。夫が真っ黒くなりつつあるシルバーを見ていたのでしょうね・・「シルバーは磨いたの・・・?」と聞きます。一日ゆっくりと時間をかけて、またいつか!!

さて昨晩、夫と先日ランチにうかがったKurotaniの話になり、「最短でいつ予約が取れるか聞いてみましょうか?」と、電話を入れたところ、平日のためか、今日の19時半が取れました。自宅から歩いて15分ほどの距離、夫は会社の帰り(彼はダイエットのために、今は電車、徒歩通勤)に、待ち合わせをして、食事の後はほろ酔いかげんで歩いて帰ろうなんて思っていたのですが、夕方からは激しい雨にかわり、急遽車ででかけました(美味しいお料理にはワインが必須、と思っているので残念!!) メニューを拝見していますと、どうやらトスカーナを感じるのですが・・・。とてもこだわりを持たれているようにお見受けします。今日も美味しかったです。私は2nd.に真鯛のパイ包みをいただいたのですが、私のスペシャリテ(なんて、大袈裟なものではないのですが・・・)に牛ヒレを使ったパイ包み、グレープソースを添えていただくお料理があるのですが、この真鯛とポルチーニのペーストを合わせたお料理を私流にアレンジしてみたいと思いました。アイディアを考えていくのはとても楽しいこと。デザートはヴァニラのソルベとクランチチョコを使ったアントルメ、クランチチョコというのは、食感がとても面白いので私もたいへん興味があるのですが、ひとつ間違えると昔、子供の頃に食べた・・・(名前を忘れちゃったんだけど・・・コーンフレークにチョコをまぶしてある・・・ 思い出せません!)駄菓子の味になってしまいそうで難しい。でも、トライしてみたいアイテムのひとつです。Kurotani・・・また、近々出かけてみようと思います。


 

 

2006年6月14日(水) 

PCの調子が悪く、ここ数日Up出来ていませんでした。

今週も毎日工事の方が見えているのですが、だいたい8時半頃、そして車を駐車場に入れていただくために、私は自宅を出るのですが、今朝は7:45にドアのチャイムが鳴ります。何たって、私は朝が苦手、この45分間というのは私の中では大きな時間。慌てました!

さて、今日は昨日に試作をしたデザートを友人が試食に見え、あれこれと話し合いながらメニューを決めていきました。昨日も感じたことなのですが、ほんとうにお店に出すことになるデザートは難しいですね。

ず〜〜っと延ばしのばしにしていた、iSeeNYのコラムをようやく書きあげました。忍耐強く待ってくださっている、編集長のHさんとライターのTさんに感謝の気持ちです。 


 

2006年6月13日(火) 

以前にお話しをしたことなのですが、友人のお店の開店に伴い、私がデザートを考えています。 お店のコンセプトはモダン・ジャパニーズ(・・・?NYの雰囲気とは違いますが) 今日は夏のメニューのデザートにサーブする数種類を試してみました。ひとつはブラマンジェ、もう ひとつはティーベースのバヴァロア、そしてシトラス系のソルベにヴァニラのアイスクリーム、抹茶のシフォンとラングドシャー。昨年のお菓子のポットラックの時にMasamiさんがお作りになられた黒ごまのブラマンジェが頭に浮かび、早々に数種類のゴマのブラマンジェを作ってみるものの、なかなか「決めて!!」がありません。日本酒をリキュールがわりに入れてみるものの、やはり日本酒には主張がありますので、バランスの難しいこと、難しいこと!!そしてブラマンジェのテクスチャーと味の濃淡、お店でサーブすると言うことは、とても難しいことです。


2006年6月12日(月) 

スーパーマーケットのお花のコーナーで大好きなレッド・カラントを見つけました。まだ思いっきりグリーンの実ですが、徐々に赤みを増していくのでしょうか?レッド・カラントは日本では、まだポピュラーではないのかと思っていましたので、目にしたときは心が躍る気持 ちでした。挿し木にするには難しいのだろうなぁ・・・と思いながら。


2006年6月11日(日) 

お仲人ご夫妻にお招きいただきました。温かな雰囲気、そして奥さまの作ってくださるお料理に舌鼓をうち、とても幸せな時でした。帰り際に中国茶器とWeddgewood社のティーカップをいただきました。「ご夫婦で美味しい紅茶を召し上がるときに使ってくださいね」とメッセージが添えられて・・・


 

2006年6月10日(土) 

土曜ですのに、工事の方が作業をしてくださいました。梅雨に入りましたので工期が遅れているからかもしれません。今日は久しぶりに夫も自宅におりますので、大きな物の配置を考えたり・・・でも、なかなか荷物の整理はできないものです。

夕刻にアメリカ時代にご一緒した友人ご夫妻が、泥棒が入った後のような我が家へお見えになり、以前にうかがったイタリアン「osteria Il Castagno」に出かけました。今日はどうにも私は酔いが大きく、饒舌だったように思います。反省反省!! お食事はゆったりと、そして静かにいただきたいものです。シェフがいつも(まだ3度目ですが)穏やかにお話しをしてくださいます。イタリア時代のお話しも含めて・・・イタリアの風景が目に浮かんできます。

写真はとってもさっぱりとしたお味のチーズケーキ!


2006年6月9日(金) 

今日は朝から強い雨、工事の方もお休みです。お近くに住むロンドン時代のお友達とランチをご一緒しました。この界隈のマダム御用達というイタリアンです。シェフはイタリアで修業の後、オーストラリアでシェフをされていた方です。全てのお料理、1つ1つに主張があり、ベースの味がしっかりしているのでしょうね、とても美味しかったです。そして夜は、またまたなが〜〜いお友達とフレンチに出かけました(夫は毎日、外でお食事が続いていますので)。

上の写真はランチの「Kurotani」、キャラメルのアイスクリームとスフレチーズ、チーズのお味はとても優しい、でも私はチーズ!!が主張した方がより好きかな・・! 下はディナーの「Soleil」手前はストロベリーのスープ仕立てにヴァニラアイスクリーム、左奥はグリオットとチョコレートのパルフェ、そして右がクレームブリュレの上にショコラのアイスクリームと紅茶のパンプディング。


 

 

 

2006年6月8日(木) 

実は我が家は帰国と同時に外壁の塗り替えをお願いしていたのですが、なんと外壁の木材が腐ってしまっていることに工事の方が気づいてくださって、大事になっています。塗り替えだけの予定が壁を剥がして新しく作り替えています。そんな訳で暫くは落ち着かない日々が強いられています。引っ越し荷物の方は、チョット匙投げ状態です。物が多すぎて・・・。


 

 

2006年6月5日(月) 

ランチをお友達とご一緒しました。Openの11時半にレストランに着いたときには既にお食事をしている方もあり、12時にはフルの状態。ランチに人気の創作フレンチのようです。お味もお値段もソウソウ・・・こういうレストランが日本ではとても人気のようです。何を取っても決してコメントするところはないのですが、心までも動かしてくれるものには、なかなか出会えません。でも、少しずつ開拓していくのが楽しみ・・・

デザート:カレー風味のアントルメ、ショコラ、クレーム・キャラメル(チョット硬めかな・・?)こういうスタイルのデザートが流行かしら・・?


 

 

 

2006年6月2日(金) 

随分と荷物が片づいてきました。お菓子を作りたい衝動に駆られていますが今は少しのガマン! 毎朝、2Lのアイスティーを作ります。勿論磯淵氏に教えていただいた2度取りの方法で作るのですが、綺麗な水色とお味にチョッピリ疲れた体にスパイスを注いでくれるようです。


 

 

2006年6月1日(木) 

私には二人の甥がいます。たまたま静岡へ来ていた為、二人が我が家へまいりました。と言いますのも彼たちのリクエストの洋服達が引っ越し荷物の中から出てきましたので、そのチェックも兼ねてです。夫は出張中ですので、三人で我が家の近くにあるピッツェリアへ出かけました。成長期(18才&二十歳)というのは凄い!!ローストビーフの アンティパスト、サラダに加え、30cmほどのピッツァを4枚に、パスタを2皿、私が食べたのはピッツァの半分、のこりは彼らが全て完食。もちろんデザートも「美味しい、美味しい!!腹8分目でやめておこう」って・・?ホントのこと、まるで欠食児童のよう・・、でも若いって凄い!分かれるとすぐに二人からメールのお礼、「ケーキの作り方を教えて、紅茶もとっても興味があるよ!!」と 私の甥ッコだわ〜!!