<<< Return


 

2006年7月31日(月) 

毎 先週末から夏休みの夫。今年の夏は久しぶりの日本ですので、日本の夏を楽しもうと、のんびり過ごしています。夕方になると、静岡の美味しいお店巡りにでかけています。今日、ちょっと小粋なお店に出会いました。地場、こだわりの野菜を、素材の美味しさを大切にしてお料理してださるのです。ひとつひとつのお料理に思いが込められているようで、とっても美味しかった!!お店は「やさい亭」と言います。

そんなわけで、二人でアチコチ食べ歩きが大好きな私たちは、自転車を購入。何年ぶりでしょう・・?自転車!!


2006年7月28日(金) 

毎日暑い日が続きます。欧州は熱波に見舞われているとのこと。3年前のこの時期にフランスを歩いていたときのことを想い出します。あの時はフランスで数千人という方が亡くなられました。ほんとうに地球破壊が始まっているのではないか?と心配になります。少しでも地球に優しくしなくちゃいけませんね。


巨峰のリベンジです。綺麗な色なジュレになりました。巨峰の皮の自然な色です。お味もとっても美味しくできました。この暑さの中では、口当たりのよいものが
美味しいもの。


2006年7月25日(火) 

真っ黒く見えてしまって美しくないのですが・・・。巨峰とカシスのジュレを合わせ、トップにクリームを薄くながしてみました。せっかくのブドウの色が綺麗に見えません。ワインのジュレとあわせるほうが正統派ですね。

日本へ帰国して2ヶ月以上の月日が流れました。秋頃よりアメリカで行ってきた形でレッスンを考えているのですが・・・、今はこの生活がとても好き。朝夫を送り出し、ホンのちょっぴりエクササイズをして、紅茶を淹れて、大好きなCDを聴きながら新聞を読んで、今日はなんとStoryという 女性誌まで読んじゃって・・(あまりに掲載されている方々がお綺麗で、思わず鏡を伏せてしまいたくなる衝動に駆られました 。私にはお菓子とお茶のある生活が豊かだと思っていたけれど、自分を美しくすることも大切なことなのね)。そして、気が向いたらお菓子を作って・・・。時々はお友達とランチをして。こんな時間も幸せだな、って。


2006年7月23日(日) 

夫が学生の頃からお世話になっているおばさまがいらっしゃいます。私も今ではすっかりおばさまと仲良しです。お嬢さん(夫の同級生)がウィーンに長く、そして今はスコットランドに住んでいらっしゃいます ので、私たちの帰国後は時々お食事にご一緒しましょうね、とお話しをしていました。今日はお近くのイタリアンにでかけました。このジェラートは「焼きナス」なんですが、焼きナスのお味と香りがほんのりと、とっても優しいドルチェです。


2006年7月22日(土) 

今日も東京の予定でしたが、昨日に急なキャンセル。チョッピリ残念です。今朝、とてもステキなプレゼントが届きました。ロンドンのお菓子の 学校時代の友人からのタイ料理のスパイスやココナッツ達、お料理がとても楽しみです。そして、もうひとつペニンシュラのパイナップルのプレザーブ、美味しいスコンと一緒に食べてね、ってメッセージがありました。ごちそうさま、Mayumiさん!!

夫:日本へ帰国後はとてもお付き合いが増えました。昨日も今日も・・・。私はのんびりの夜を過ごしています。


2006年7月21日(金) 

日本へ帰国の少し前にNYお菓子探訪におみえになったMinakoさんからのおみやげのフレキシパン。小さなクグロフのような形、マドレーヌ生地に抹茶を入れて焼いてみました。型にはオイルを塗ることもなく、焼成後に綺麗にポロンと出てきます。幾つか持っている私のフレキシパンより、ずっと優れものです。形もとても可愛くて、お気に入り!! 

MinakoさんのSeb-siteのアドレス:http://grisperle.lolipop.jp/html/01.htm


2006年7月20日(木) 

最近・・・お腹が太ってきたような・・・。先週末Keekoのところでお腹周りでなにやら健康状態、内臓脂肪?が、分かる・・?なんて話をしていて。私もここのところお腹周りが気になってきていましたので、計りました!!フ、太いです、十分に!!日本へ帰ってくると、周りの方々は皆お肌が綺麗で、あまり気にしないタイプの私も顔のシミに見入ったり・・・。毎日のスウィーツの消費量も、かなり多いし、ワインも大好きだし、太るわよね、そして紫外線防止にもとても楽観的でしたが、シミよりも皮膚癌の予防なのですね。これは!!生活改善をしなくちゃいけないな、って思い始めました。 写真はブラマンジェ、セルフィーユを添えたかったのですが・・・。


2006年7月19日(水) 

強い雨の一日になりました。2週間前にお店を開いた友人から「Help」が入りました。夏に似合うデザートです。ブラマンジェ、グラニテは定番になりつつあるのですが、今日はひとつ新しいデセールを仕立てました。ホント・・・日本の夏には夏に美味しいお菓子がありますね。写真 のグラス仕立てもグレープフルーツを使ってみました。

九州のNorikoちゃんからの電話で、バター研究が始まりました。頭の中はバターとバターケーキでいっぱいです!!

今日、以前にピアノのレッスンを受けて下さっていたNちゃんが、ママとご挨拶に来てくださいました。Nチャンは今高校生ですが、明日からアメリカに留学されると言うことです。みんな大きくなっちゃって・・・私だけ成長しないなぁ・・・


2006年7月17日(月) 

実は今回の東京滞在には目的がありまして、アッという間の4日間でした。昨晩ちょうど雑誌に「夏の大茶会」というインフォーメーションを見ました。静岡に戻る前に出かけてみました。お茶はとても心を癒してくれます。


 

2006年7月14日(金) 

今はNY、NJからお友達がいっぱい来日しています。今日はお菓子とお茶のクラスをご一緒していたAさんとご一緒しました。二子玉川のASOでランチ、そして田園調布のお店をAさんの運転でお散歩。とってもステキな時間でした。ちょうど東京出張の夫と銀座で待ち合わせ。夜もイタリアン!3〜4日東京で過ごします。

Keekoのところにお泊まりです。この子はフレンチブルのクルリです。


 

2006年7月13日(木) 

もっとお洒落に仕上がるイメージだったのですが・・・。先日のグレープフルーツのタルトを作ったときに、こんな風にシブーストを仕立てたらステキだろうなぁ、と思いました。フレッシュのグレープフルーツとシブーストクリームをたっぷりとタルトの上に載せる予定だったのですが、やっぱりシンプルな方がステキかな、と。シブーストクリームは甘いでしょ?だからグレープフルーツととても合うように思いました。またしてもイメージ先行だったようです。もう少しお洒落このルセットはまとめます。


 

2006年7月12日(水) 

久しぶりに朝、元気がありません。夫を送り出した後に2時間ほど眠ってしまいました。今日は母と今年始めに他界した叔父の初盆にうかがいました。久しぶりにおあいする叔母の背中がとても淋しそうに目にうつりました。8年半というのはほんとうに長い時だったのだなぁ、と感じました。

ちょっと黒いベリーが目立ちますがスコンを焼きました。あんぐりとオオカミの口も開いて、私好みに仕上がりました。近々、お茶会にお友達をお誘いしたいなぁ、と思いまして。

 


2006年7月11日(火) 

昨日のペーシュ、デコレーションしました。ジェノワーズの間に、フロマージュブランとコンポートしたペーシュのピュレを合わせたレアタイプのフロマージュペーシュをレイヤーに合わせました。昨朝、Norikoちゃんと電話でお菓子の話をしていたときのこと、「今日はコンポートしたペーシュとフロマージュブランを使ってお菓子を仕立てようと思っているの」と私、すると、Norikoちゃん「この間、ピンクペーシュとフロマージュを合わせてレアチーズケーキを作ったの」って・・・。そのNorikoちゃんのお菓子がヒントでした。お味は悪くないと思うのですが、ジェノワーズがシロップとフロマージュペーシュで、まるでサバランの生地のようにシロップ漬け。う〜〜ん、これはジョコンドの方があうかな? と思います。私はムース、バヴァロア系はフルフルの食感が好き。でもそれは仕立てる時にとても難しいことです。グラスに仕立てる場合は問題ないんですけど、セルクルから抜くときにドキドキしてしまいます。このペーシュもようやく形を保っているほどです。テクスチャーはとても難しいものがあります、私はフルフルの食感がすきなのですが、硬めの食感がお好きな方もいらっしゃいます。誰もが「美味しいね」っていただくお菓子を作ることはとても難しいことですね。

今日も一日が終わります。寝しなにワインにしようか?でも、ビールもいいな?なんて思って「今日はビール!」と飲み始めたのですが、チーズを切ったら「やっぱり赤かな」って、ことで二つのグラス。飲み過ぎは体によくないのは分かっているんですけど・・・

 


2006年7月10日(月) 

今日は朝から電話、電話。そんな時間も大切です。今日はコンポートしたペーシュをお菓子に仕立て始めました。今は冷蔵庫に眠っていますが明日に仕上げをしようと思います。日本の桃はホント、美味しい!! お花やさんでクランベリーとレッドカラントのポット、そしてバジルにこの小さなお花を買いました。どんなに小さな花でも心が和みます。


2006年7月9日(日) 

昨晩、Dairyを書きながらウトウトと眠ってしまいました。昨日の続き・・・ランチの後に、月曜にお菓子のレッスンにうかがったパティサリー・クロシェットへ寄りました。シェフも奥さまもいらっしゃり、少しお話しをさせていただいて、お菓子を選びました。どれもこれも美味しそうで迷ってしまいます。先日にお会いしたAさんのレコメンドの「マカロン」もいただいて。今日の3時がとっても楽しみです(ホントは、昨日にいただかなくちゃいけないのですが・・この季節、特に!!)そうそう、ケーキスタンドですが、お菓子のお友達のYaikoさんからお送りいただいたの。ドイツ製と書いてありました。英国のグラスやアメリカのディプレッションとは雰囲気が違ってとてもステキです。ありがとう、Yaikoさん!


2006年7月8日(土) 

朝はゆっくり起きあがり、お昼に磐田市(静岡から車で1時間半ほど西に位置します)にあるイタリアンレストラン「ラ・カンティーナ」http://www.cantina.jp/blog/へ出かけました。日本へ帰国後すぐにイタリアンクッキングのクラスがないかな・・・?とインターネットで検索をしていたときに目に留まったシェフでした。クラスへはチャンスがないのですが、今日はランチにうかがってみることにしました。「ラ・カンティーナ」のシェフは地場の食材にこだわりを持っているとのお話し。写真は私がいただいたアンティパスト、素材を大切にした優しいお味でした。でも、イタリアでお皿からこぼれるほどのサーブを見ているので、「もっと食べたい!!」と思ってしまいます。そして私の大好きな食材、スキャンピのリングイニをいただいたのですが、トマトソースとのバランスがどうかな?、とこれは私のテイストですが、少し感じました。このスキャンピも地場で採れたもののよう、夫がいただいた「カワハギ」もサイトで見ますと取れ立てのようです。こんな風に食材を生かしたお料理に心打たれます。日本のイタリアンレストランのドルチェで感じること。どちらのお店でもこんな風に数種をプレートのデザートに仕立てていらっしゃいます。いただく側としては、いろいろなお味を楽しめるからいいのかな・・。

                      


 

 

2006年7月7日(金) Vol.2

七夕さまの今日、 シトシトと雨になり始めました。夕方に夫はエアコンを直し終え、「さぁ、仕切り直しだ,寿司でも食べにいこうか」とお寿司やさんまでのんびりと二人で歩いていると、空には何気なく優しい光りが射し始めました。今日の七夕さまには彦星と織姫さまは再会できたかなぁ・・・。

 


 

2006年7月7日(金)

七夕さまの今日の空は、どんよりとしています。さて、我が家の夫は今日から3連休。3日間のTokyo Stayを考えていたのですが、昨晩のこと、夫がソファ(このソファが私のお気に召さないの:思いっきりアメリカン!!私はブリティッシュ感が好き!)に座って新聞を読んでいますと、なにやらポタポタ・・・ポトポト・・・。エアコンの一台はそのソファの上についているのですが、なんと床に水が溜まるほど水が落ちているのです(そこまで気づかない私でした)もちろんカーテンもソファも床も水が溜まるほどに濡れていて・・・。今朝早々に専門の方に来ていただいたものの、根本的な解決にはならず、機械ものお得意の夫が分解を始めました。昨年の5月にエアコンの掃除をした方(業者のシールが貼ってあります)が水受けのトレイを割ってしまってあり、それが原因のようです。そんなわけで、今日のお出かけは流れてしまいました。残念、とっても。

写真は相変わらずテーマのマカロン、日本のオーブンもガスです。火のコントロールがとても難しい!!オーブンの中では綺麗に上がり始めているんだけど、でもまだまだ修行中!!


2006年7月6日(木)

どんよりとした空、ムシムシ暑い一日です。今、NYでご一緒していたKazuyoさんがご主人さまと日本へお里帰り中。磯淵氏のお店にご一緒できればと、お話されていたのですが、磯淵氏は明後日からスリランカのご予定のよう。残念です。KazuyoさんとはNYにあるTea Room「Tea Salon」で知り合いました。とっても素敵な方、お茶を通していっぱいの出会いがありました。大切に大切に育んでいきたいと思います。

2週間ほども前に夫が中国から持ち帰ったフルーツの一つ、「アプリコット」だけ冷蔵庫に眠ったままでした。コンポートに炊いてピュレにし、ムース仕立てにしてみました。2層になっている白い部分はフロマージュ・ブランを使ったムース、そして、トップはシンプルにアプリコットのピュレをグラサージュに。ふんわり優しいグラデュエーションがなんとも好きです。そぅ、お味は・・・。ペーシュより、少しはっきりとしていて、チーズにも負けないように思います。少し酸味が強すぎたようですので加減してレセピにしてみます。


2006年7月5日(水) Vol.2

今日、友人のお店がOpenしました。「旬香 まつい」といいます。彼女の作りだすお料理はとても美味しく、いつも感動したものでした。そして、お店のいたるところ、器からすべてにこだわりを持ち、彼女の思い入れを感じました。開店当日の今日、夫と二人で出かけました。どんな風に展開していくのでしょう・・?心から順風満帆にあることを祈っています。


2006年7月5日(水)

昨日とはまったく顔の違うお天気になりました。今日は強い雨が降っています。こんな日はのんびりと過ごすことがとっても幸せ。中国茶をグラスに仕立てました。アメリカを経つ時の我が家の紅茶は160種類ほど、中国茶も40〜50種類ほどありました。封を切ってあるものは、お茶のお仲間にもらっていただき、少しだけ日本に持ち帰りました。グラスの中で花茶が開いていく様子を見ている時間は、なんとも豊かな気持ちになります。お味も とても優しい。    写真、上手く撮れていませんが・・・。


2006年7月3日(月)

久々に元気に動きました。午前中は明後日Open予定の友人のお店のデザートをお教えするために出かけました。デザートを作るのはKチャンという友人のお嬢さん。最初から手の込んだものよりも、安心して自信を持って作ることが出来るものがいいわね、ということで、まずは5種類。美味しく、そして美しく仕立てて欲しいと願っています。

さて、そして今日の午後は静岡から西へ電車で20分ほどに位置する藤枝市にあるパティサリー・クロシェットhttp://www.clochette.cc/でのお菓子教室に参加しました。今日のメニューは「マンゴー・プリン」、と言っても「南国フルーツソース」「マンゴープリン」「ランティーユ(レンズ豆)」「パイナップルのコンポート」という4層の構成。グラスに仕立てました。夏を感じさせる美味しいスウィーツです!そして、もう一つ「チュイール・ダンティル・ラベンデ」こちらはラベンダーをアロマに仕立てるチュイルです。優しくラベンダーが口に広がります。シェフの鈴木氏は穏やかで、温かな雰囲気のとてもステキな方。また、機会があれば是非おうかがいしたいと思います。

今日、ステキな出会いがありました。クロシェットでのお菓子教室でお会いしたAさん。日本茶インストラクター、お米のインストラクター、そして近々水田を訪れてお米の成り立ちについてなどを体験される 《水田環境鑑定士》という水田の土壌環境を学ぶセミナーを受講のご予定とか・・・。そして今は中国茶と紅茶にイタリアン・・・と、食に関してとても深い知識と興味をお持ちの方でした。 そしてなによりお美しい方です。


2006年7月1日(土)

昨日のシューですが、焼き上がって熱が取れた後に乾燥剤を入れたタッパウェアに入れました。日本は湿気(特に今の季節は)が高いため、そのまま置いておくとクニャッとなってしまうのではないかと、思い。夜にテイストをしたところ、やはり焼き上がりのサクサクという感がなくなっていました。クリームもディプロマートですから冷蔵庫に入れましたから。あぁ、こういう保存の方法も難しい。夫にはもっとパーフェクトな状態で届けたかった。

写真は毎日数リットルと作るアイスティー。磯淵氏の茶葉を使って、Kandyで作るのが最もお好みですが、ここ数日は数種類の茶葉を私流にブレンドしたりして楽しんでいます。