<<< Return


2007年3月31日(土) 

静岡では毎年4月1日から5日の間、静岡祭りが行われていました。浅間神社のお祭りに合わせた日程だったようですが、9年?10年・・?ぶりの春、なにやら静岡祭りは神社のお祭りと意向を変えてのお祭りになり、この週末に行われています。チョット、桜をみながら散策をしました。

 


 

2007年3月30日(金) 

今年のイースターは4月8日です。今日も イースターのお菓子・・・、ホット・クロス・バンズ、イースター・ビスケット、アニョー・パスカル・・・と思いつくまま作っていきました。ストーリーのある、そして語り継がれているお菓子に愛情を感じます。英国やフランスの地方菓子はシンプルだけれど、素朴さも含めて大好き。とっても美味しいと思います。

 


 

2007年3月29日(木) 

モクモクと・・・何かを形にしていきたい、と思う今。ワインも美味しいし!完全復活の兆し・・・。

今日はお友達のお店「旬香まつい」の4月のお菓子を考えてみました。テーマは桜ということですので、ただの桜餅じゃつまらないし、コース料理の最後ですから重いものは、あんまりかな?と思います。ジャ、桜餅を小さく仕立てよう、と思いながら、そうだ、半分は抹茶で色をつけてみよう、中餡は桜餡がある・・・、ピンクの桜餅は包んでいるときに、トップにチョッピリ餡が顔を出すように・・。ワンバイトサイズで作ってみました。今日は来月のお菓子のアセンブルも綺麗にまとまり、そろそろイースターだなぁと、昨年までを懐かしんでイースターエッグも作って・・・、スコンも焼いて・・・。 

                  こんな風に  


2007年3月28日(水) 

みんなに心配をおかけしちゃったのですが、今日ほぼ復活です。ホントは今週は私の懐かしいお友達をお誘いして我が家でお茶会をしたいなぁ・・と思っていたのですが、お誘いもしないまま、時間が過ぎてしまいました。なんとなく流れてしまいそう・・・。

今日は、主人の両親の金婚式です。季節よい頃に両親とどこか旅を計画しているのですが、今日は心ばかりのプレゼント!先週から作り続けている、シューを作りました。試作も兼ねちゃいましたが・・。先週の写真ととてもよく似てしまいましたが(あまり進歩がないな・・!)、今はクリームとアセンブルを研究中です。クロカンブッシュはクリームを入れないでアセンブルしていきますが(組み立てたときに重くて倒れちゃうものね)、今考えているのはプロフィットロールです。クリームをたっぷり入れたシューをステキに組み立てたく、でもどうにかお洒落にしたてたい。まだまだ、思案中、試作中です。


2007年3月25日(日) 

プロフィットロールはイタリアのドルチェです。素朴なお味を大切にしたい。トラディショナルはチョコレートソースをたっぷりかけます。今日はその素朴なプロフィットロールを作ってみました。今日のクリームは、抹茶、ショコラ、ティー、そしてトラディショナルにディプロマート。ほんのりチョコレートがアクセントになって美味しい。パクパクつまんでしまう私・・・。

体調・・・。昨日少し元気になったと思ったのですが、昨晩から頭痛が続いています。どうしちゃったんでしょう・・?でも、そんな中で今日は3つのお約束に元気にはしご・・・病は気から・・?って言いますけれど、ホントそうなのかもしれません。


2007年3月24日(土) 

こんな風にシューとシュクレを組み合わせていきます。シュクレはクッキーのカッターで抜いて焼き上げてローヤル・アイシングでホンの少しペインティングをして・・。Fufu・・・とっても楽しい!今日は、室温と冷蔵とどんな風に変化をしていくのか、試してみました。食するときに一番美味しい時を見極めたいから・・・。


2007年3月23日(金) 

一昨日の午後、急に胃の痛みを覚え、発熱。2日間、胃痙攣が続き・・・。少しお疲れの所に痛みが出ちゃったかな・・?

来月のお菓子はちょっぴり簡単だけれど、メインにプロフィット・ロールを考えています。シューをメインにタルト生地で表現をつけて、クリームは4,5種類用意して、いただくときのサプライズになったら楽しいかしら・・?と思いまして。

 


2007年3月20日(火) 

早起きは苦手。今朝は静岡からローカル線を使って藤沢へ、磯淵氏の研究科です。今日のテーマはハーブ。紅茶とハーブを合わせること、十数年前には考えられなかった。でも、今はとてもポピュラーなアイテムと、言いましょうか・・、決して外して考えることのできないお茶の一つになっていると思います。今日は一人一人が、オリジナル・ティーを作り、試飲をしてみます。私はキーマンとテイラーを7:3でベースに、ローズの香りを優しく着香してみました。リンデンとレモングラスを少し足して、まろみとチョット締まりを表現してみました。磯淵氏のコメントは、そうローズヒップを足して少し酸味を出してみてはどうかな・・?と。楽しい!とっても、私もお茶のクラスを始めたらこんな風に実践、臨床の時間も取り入れていきたいと思います。アメリカで、カクテルティーを皆で作ったときの楽しい想い出が甦りました。今、少しずつお茶のレクチャーのカリキュラムを考え始めています。

そして、研究会の後に大船へ向かいました。目的は4年半ほど前に出かけたスリランカへご一緒した、北さんが紅茶とカレーのお店「ひとやすみ」を開かれていらっしゃることをうかがい、久しぶりにお会いしたいと思いました。スリランカへご一緒したとき、北さんは紅茶のお店をもたれることを思い描かれていたのだそうです。今日は彼の作るカレーと紅茶をいただいて、懐かしさに話し弾みました。


2007年3月19日(月) 

久しぶりに和菓子を作りました。旬の桜餅と黄身しぐれ・・・。英国へ発つ前はお教室に通い、資格まで取っていたのですが、海外ではなかなかよい素材に出会えず、ついつい遠のいていました。餡は時々炊くものの、和菓子に仕立てるのはとても久しぶりです。和菓子に、ほんのり優しいお味を感じます。


2007年3月18日(日) 

昨晩に静岡に戻り、今日は何もせずに、のんびりのんびり過ごしました。夫とSさん、今日はどんなかしら・・?疲れは出ていないかしら・・?って二人で、チョッピリ心配しながら・・・。3Tierのアフタヌーン・ティーのスウィーツにタルトレット、バラのシェイプのショコラ、そしてプティ・シューをセットするため、全てをもう一度一緒に試作をしたのですが、シューの絞り用の丸口金が用意できていなく、どうにかあるもので代用したのですが、なかなかこれが難しい。キュッと腰高に丸く一点絞りができない・・・。星口金で絞ったら、ホント、底が星形に残っているの。Fufu・・これも可愛いけれど、でもシューの形はさまざまで美しくないのです。そして私にとっては初めて使用するオーブン。シューの焼成は難しいものがあります。Sさんのオーブンはリンナイです。コンベクションであり、2段の天板がセットできるようになっているのですが、やはり癖があります。右奥下がとにかく焦げやすい、そこで、ラックをかませて少し高い位置に天板をセットできるように工夫をしながらの焼成。新幹線の時間が迫る中、最後の最後に丸口金をスタッフの方が用意してくださり、絞るだけ絞って、飛び出してきてしまい・・・「あぁ、あのシューは底がまん丸く、キュッと腰高に上がっているかしら・・?」ってチョッピリ心配しています。Sさんは島根県の木次乳業の乳製品を使用しています。ミルクは勿論なのですが、私の心をキュンと・・・、虜にしてしまったのは生クリーム。パティシエールと合わせてディプロマートに仕立てたのですが、なんとも美味しい。Sさんの一つ一つのこだわりも私は好きです。

写真はお店のエントランス部分のTea Roseの顔、設計をしてくださった木口さん(とおっしゃったと思います)のデザインとうかがいました。私の大好きな風合い。


2007年3月17日(土) 

今日はお店のキイを預かり、朝一番にお店に入りました。 SさんとSさんのお嬢さん達とお菓子を作っていきます。 サンドイッチは卵、キューカンバ、サーモンとチェダーチーズを考えていらっしゃるのですが、残念ながらチェダーが手に入らないと言うことでクリームチーズを私流にアレンジしてオリジナルチーズサンドイッチを作ってみました。なかなか・・・美味しい! Sさんはもともとアナウンサーでいらしたのでテレビ局の取材が入ったりと、忙しくされています。しばらくしますと、彼女が一人でお店を回して行 くことになります。でも、きっとお菓子も、もっともっと美味しく作られるようになるでしょうし、温かな雰囲気の中にお客さまがリラックスして、美味しいお茶をいただく様子が目に見えるようです。

お店の中に入りきらないお花、お花の数々・・・。

 


2007年3月16日(金) 

今日は岡山のSさんのティールーム:Tea Roseに来ています。不安でいらっしゃる所のアドヴァイスです。お店は、英国風を謳われており、落ち着いた感じの雰囲気もとってもとってもステキです。 今日、Sさんは私のレシピでスコンを焼いてくださっていたのです。お客さまが美味しい、美味しいと褒めてくださり、わざわざそのことをお話しに見える方もいらっしゃるの。Sさんが上手に作ってくださったからこそのこと。とっても嬉しいです。チョコレートケーキもとっても美味しいって。今日はお店が終わる7時頃から、またまた日付の変わった2時過ぎまで、Sさん達と試作と確認の繰り返しをしました。

お写真明日(ン・・?今日・・?)Upします。


2007年3月15日(木) 

今週のレッスンが終わりました。今日は岡山のSさんのティールーム「Tea Rose」のOpenです。Sさんのお菓子のご指導をさせていただいているのですが、彼女がスコットランドに滞在されていた時のホスト・ファーザーが教えて下さったスコンとショートブレッドは、ホスト・ファーザーのルセットを使いたいとのこと(初めての私とのレクチャーの時に、あまりにも多くのことをレッスンしたために、スコンの生地を冷蔵庫に何時間も寝かせてしまったため、焼き上がりがかたくなってしまいました。Sサンのお気持ちの中に、私のスコンは硬いというイメージをお持ちになられてしまったようで・・・)私、スコンは何度も何度も試行錯誤を重ねて、日本の粉で美味しくできるように仕立てたので私としては大好きなんだけどなっ! 外はややカリッとそして中はしっとり、これが私の好きなテクスチャー。 Sさんがお習いになったのは英国のSelf Raising Flourを使用しています。粉にベーキングパウダー(ソーダ・・?)が配合されているわけですから、ホスト・ファーザーのルセットをそのまま日本の粉に置き換えても硬くなってしまうわけです。Sさんからも何度も電話で「硬くなっちゃうの!」と・・・。そんなこともあり、今日はレッスン後に、私自身の勉強も兼ねて、何度もスコーンを試してみました。以前にRomiさんのレクチャーを受講したときに、彼女はタルトやパイにはフランス粉が美味しいとおっしゃっていました ので、フランス粉も使ってみました。確かに綺麗にRaiseします(写真、左側)、でも、お味的には私の求めているものとは、何かが違う・・・。あぁ、なんて私は頑固なんでしょう・・!?美味しいって笑顔に出会えるまで、焼き続けます!! 明日は岡山に飛びます! 少し寝なくちゃね!


2007年3月14日(水) 

White Day:夫はパリ、フィンランドへ出かけてしまっていますので、今日に届くように昨日彼からのメッセージを11名の方に向けてお送りしました。と言っても・・・義理・・・?なのよねぇ、と私は思っていますが・・・。

昨年秋にお手伝いをしました、Tea a Magazineの編集長のPearlからTea a Magazineが届きました。日本の・・それも静岡のお茶のことをいっぱいご紹介下さっています。静岡のお茶が世界に向けて発信していくことはとてもうれしいことだな、と思います


2007年3月13日(火) 

 長い長い一日が終わります。朝の7時からお菓子を作り続けて、今は日にちが変わった午前2時半・・・。心地よい疲労感・・・。ゆっくり休みます。

一昨日の散歩の中に目に留まった、夕暮れ時の木蓮


2007年3月11日(日) 

牛込神楽坂にあるRistorante LASTRICATOへでかけました。食材のこだわりを感じました。特に静岡県の松木一浩さん(ビオファーム松木さん)の有機無農薬野菜の美味しいこと・・・。松木さんのお名前は最近よく耳にします。一つ一つの野菜にその美味しさ、つまりその素材の味を感じるのです。当然・・?のことなのかもしれないのですが、スーパーマーケットで求める野菜の味にどうしてもその素材の味を見つけられずにいた私・・・。こういうことに心温まる幸せを感じます。写真はDolce 私はパンナコッタ:エスプレッソのグラニーテを添えたもの。お腹もいっぱい、ワインで微酔い加減の時には、こんな口当たりのよいDolceがお腹に優しいものです。


2007年3月10日(土) 

今週のレッスンが終わり静岡に戻る予定でいたのですが、来週月曜の早朝から夫はフィンランドへ出張、成田から発つといいますので、私はそのまま東京隠れ家に滞在しています。今日、夫は静岡で(土曜なのにね・・・)仕事を済ませて夕方にこちらへ。土曜の夜、急なことでしたので、なかなか予約が入らない中、「麻布一期」に! 夫と久しぶりに日本酒をいただきながらゆっくりと時の経つのも忘れて話ができたような気がします。

ティーリーフを入れたディアマン。あまりにも簡単な配合ですが、ホロホロと口の中で崩れていくようなテクスチャー、シンプルなお菓子こそ素材を大切にしたいと思います。


2007年3月9日(金)  Vol.2

 またまたローズなのですが、ティールームでは、時間との戦いです。岡山のSさんのティールームには専門のパティシエがいらっしゃるわけではありません。お菓子もサンドイッチもお茶を淹れるのもお客さまの接客もSさんがメインで動かれるわけです。できるだけリスクを小さくするためにを考え、今まで使用していたノルディックではなくシリコンを求めて焼いてみました。実はこのショコラは粉の量がとても少ないので、今までは骨格を作りづらく、シリコンですとバラのシェイプがなかなか綺麗に出ませんでした。ところが最近、馬嶋屋さんがオリジナルで作られたもの(5cmほどのサイズ)とマトファーのワンバイトサイズのもの(4cmほどのサイズ)が、どちらもポロンと抜け出して、とても綺麗に焼き上がりました。  ホッ!  ご紹介できそうです。                                 


2007年3月9日(金) 

以前から心の中に秘めていた神楽坂の「Hotel Agnes」のティールーム。今日は一人で出かけてみました。とてもとても温かい雰囲気なティールームでした。さて、そのアフタヌーンティーですが、サンドイッチは2種類、食パンを二つにカットしたものですから、一口ではいただくことはできません。スコンは2種類、プレーンとチョコチップ、 スコンというのはお口の中でモソモソ・・・ボソボソ・・・でよいのですから、このタイプもよいのかもしれません(チョット、私の表現って意味不明)そしてスウィーツはオレンジとナッツのタルト、フルーツ(3Tierのトップのプレートに)、そして紅茶のクレームキャラメル・・・かしら・・?

本を片手にゆったりとお茶をいただきながら、しばし豊かな時間をすごしました。                                    


 

2007年3月8日(木) 

15日に岡山でティールームをOpenされるSさんのショコラのお菓子のサイズが気になっており、お道具をチェックに。そして、ご一緒したMutsukoさんと日本橋三越のFortnum&Masonでお茶をいただきました。私のいただいたお茶、美味しかったです。

Festa della Donna:ミモザの日 元々コペンハーゲンで1910年に始まった「男女同権主義者」のイベントであり、3月8日は「女性の日」とされ、一枝のミモザの花が女性の日のシンボルとなっているのです。 イタリアでは男性が女性にミモザの花を贈ると言われています。私の大好きな日。下の写真は昨年に仕立てたミモザのおかし
                            

                                        


 

2007年3月7日(水) 

新しいお菓子のレッスンが始まりました。フロマージュ・フレーズと、なんとも分かりやすいタイトルをつけました。デモンストレーションメニューは白のワインをあしらったレアチーズケーキ。みなさん、とても綺麗に仕上がり、美味しいメッセージもいただいて。

今日、ロンドンの学校時代のMayumiさんもクラスに参加をくださったのですが、今、Mayumiさんの中でシュークリームがテーマ。レッスンが終わってから二人でインターネットを検索、南青山の「Champ de Chou」に出かけました。お店はもうClosed間近、Mayumiさんと私がシュー・パリジェンヌとスワンを一つずつ求めてシューは終わり。お部屋に持ち帰り・・これからいただくのがとてもたのしみ!


 

2007年3月6日(火) 

今日はショコラ・ローズのレッスンにうかがいました。

明日から今月の新しいお菓子のレッスンがはじまります。お材料選びにじかんがかかります。美味しいいちご、お抹茶、数種類のクリームチーズ・・・と。今はフランボワーズは日本でもポピュラーになっているようですが、でも今日は綺麗なフランボワーズには巡り会えませんでした。美味しい、そして安心して口に入れることができるって、とても大切なことだと思います。今月は私のヌーボーの春のお菓子、そしてデモンストレーションとしてレアチーズケーキにいたしました。明日がステキな一日になりますよう。


2007年3月5日(月) 

今日は静岡でレッスンです。なぜか・・・1月のお菓子に逆戻り、ガレット・デ・ロワを作りました。私はこのお菓子がホント・・・大好き!  千葉にお住まいのTさんからストックホルムのお茶をいただきました。何てかわいい缶なのでしょう・・。

サッ、今から東京です。最終のひかりに乗ると1時間後には隠れ家に着きます。

                   


2007年3月4日(日) 

ようやく完成しました。3月のお菓子・・・。

先週の日曜にお食事をした「香酒旬味 すぎもと 」先週の帰り際に今日の予約を入れており、また出かけました。雉のパテに舌鼓をうち、そして先週にシェフとお話しをした白アスパラを出してくださるというおもてなし、とてもとても美味しいお料理の数々でした。最後に今日は紅茶をいただきました。フワ〜っとダージリンが香りました。「マーガレットホープのセカンドフラッシュです」と・・・一言。  シェフのこだわりを一つ一つ感じました。あぁ、幸せ!                                                         


2007年3月3日(土) 

今日は、お雛祭り。なんて優しい響きでしょう。今日はお仲人ご夫妻をお食事にお招きいたしました。久しぶりのおもてなし。美味しい食材が日本にはいっぱいですもの、お買い物もとても楽しい。作りたいものがいっぱい!!時の経つのも忘れてのステキな夜でした。メインはカルトッチョ(先日、久しぶりに作ったカルトッチョ、今日の夫のリクエストでした) あぁ、ワインも美味しかった!!

                                                           


2007年3月2日(金) 

チョット、あまりお洒落な絵ではないのですが・・・。未だお菓子の構成を考えています。この4種、ビスキュイ、フロマージュ、フレージュ、そしてグラサージュと、思いつくままに組み合わせてみました。  ブツブツ・・・独り言!