<<< Return


2007年6月30日(土)

今年も半年が終わります。時間の流れが速いなぁ・・・。私の中で何か心に大きく感じるものがあります。私はゆったりゆったりとした時間の流れに、ゆらゆらと揺られるように過ごしたいなぁ・・・、と。

今日は静岡でレッスンです。美味しいチェリーを2種類使ってのタルトとクレープ・ブリュレ。素朴な素朴なお味です。そして、ランチにそば粉のクレープを作りました。ご自分がいただくクレープは、ご自分で焼いていただいて・・・ワイワイと、とっても楽しい時間でした。

レッスンが終わり、今日は夫とお近くのイタリアン、「IL Castagno」に出かけました。シェフのInamiさんのお料理は、一つ一つがとても丁寧で、美味しい。こんな風にこだわりを持たれてお料理をつくること、私はそんなプロ意識を大切にされていることにとても心打たれます。

写真は、Inamiさんのブルーベリーのブラマンジェとペーシュのジェラード。どちらもとっても美味しい。

 

 


2007年6月29日(金)

今日は朝4時に目覚めて、ずっとキッチンに立っていました。シャンパンとベリーのシャカシャカジュレをグラスに仕立てました。そして、マンゴーの試作。まだまだ苦労しています。ちょっとリッチなテイストのクレーム・ブリュレ。明日は静岡でレッスンです。ランチに食べていただこうかしら?と思い、昨晩からそば粉のクレープを仕込んで、試し焼き、今日の私のランチです。私は甘いクレープより、そば粉のガレットが好き!

少し寝なくちゃ・・・。


2007年6月28日(木)

しばらく先の話しではあるのですが、レクチャーのお話しをいただきました。今日はそのミーティング?と言いましょうか、お食事会?にでかけました。ご案内いただいたのは田園調布にあるinwei 中国茶を専門にされている隠れ家的なスペースです。そして、一日に一組だけお食事を用意してくださるのです。そのお料理の一つ一つに茶葉を創意工夫して使われています。またそれぞれにお茶とも合わせてくださるのです。なんとも豊かな時であり、空間です。最後のスウィーツも素材を大切に、そしてその素材の気になる部分(例えばクリームのややもすると全面にでてしまうようなミルク臭など)を茶葉を上手く合わせることにより緩和させています。3時間というランチはお話しをしながら、ゆっくりゆっくりと時が流れていきました。写真は2種のチーズケーキと烏龍カプチーノ(こんな意表をついたお茶もまた楽しい!)こちらの前にいただいたジャスミンを使ったフルフルのゼリー。明日にでも試してみます。


2007年6月27日(水)

朝の早い時間に東京へ向かいます。今日はアロマテラピーのレッスンにうかがいました。以前にもお話しをいたしましたが、アロマセラピストの加藤さんのアロマへの情熱、そして知識はお話しをうかがっている中にも大きく感じるものがあります。加藤さんの語り口も穏やかで、なにか一つ一つのお話しに癒されるような気持にさえなりました。実践でバスアロマを作りまして・・・、 今お部屋に戻り、ティートゥリーとラベンダーの香りのバスタイムを過ごしました。

今日、ご一緒したSさんがレッスンの後にレストランの予約をしてくださっておりました。六本木のMAXIVIN、先日のNHKでクローズアップされていた佐藤陽一氏のお店です。夫も私もうかがってみたいと思っておりました。お昼は奥さまがサーブをしてくださるのですが、何とも温かい接客、ホスピタリティーです。そしてお料理に合わせてグラスでワインを少しだけいただいて。

いつでも出かけられるから・・・と思いますと、案外遠のいてしまうものです。美味しいお料理とワインに微酔い加減で新東京美術館に出かけました。モネ展は人・人・人。でもモネのキャンバスに描かれた風景の一つ一つを心に感じながら、ゆっ くりと見て歩きました。なんて充実した一日だったことでしょう。


2007年6月26日(火)

マンゴーにすっかり染まっています。マンゴーひとつとってもお味も形も香りも違います。そして、100%マンゴー? それともトロピカル? ムース、プディング、パティシエールタイプでデコレーションケーキ・・・、頭の中はマンゴーだらけです。どうにか・・・?少しだけ形になってまいりました。ほんとうはジョコンドで仕立てたいところですが、私のお教室ではジョコンドをとても頻繁にレッスンしますので、何か他の生地を使いたいと思いまして、マジパンローマッセを生地に入れ込んだり、先月からの引き続きでピスターシュを使ってみたり・・。サンドをするプレザーブはどんなものがいいかしら・・?って・・・悩める乙女のようです(ン・・?) そぅ、もう少し煮つめてまいります。

ようやく写真を撮って(グリーンのピスターシュパラパラとデコレーションに使おうと思ったのにカットまでしているのに、忘れている・・・)、キッチンの片づけがほぼ終わったのは日付が変わる頃・・・マンゴピュレを冷蔵庫にしまおうと思ったときに、スルッと手が滑り、キッチンはマンゴー一色に染まりました(私も一緒に)あまりにも頻繁のことなので、驚きもせず、悲しくもなく、でもさすがにぺとぺと・・・、なんど拭いてもなかなか終わりのないお掃除でした。夫がいつも言います「どうして、君のところにだけ、そんなにアクシデントがやってくるのだろうね・・?」って。


2007年6月22日(金)

そう、昨日の英国菓子のレッスンです。アンはとても穏やかな女性でした。語り口も柔らかで、でも自信に満ちていて、とてもステキです。スコンの作り方は私が今までに数多く習い、作ってきたものとは全く違いました。お菓子を焼いているときに、英国のスライドを見せてくださったのですが、スコンとクロテッドクリームをテーマに歩いたコンウォール、デボン地方の写真に気持ちはすっかり英国モード。秋頃に訪ねてみたいと思います。

今週のレッスンも終わりました。少しゆっくりいたします。

写真はアンのスコンとセッティングされていたティータイムのテーブル

                 


2007年6月21日(木)

アクティブな一日が終わります。岡山のティールーム、Tea RoseのSさんが東京にお見えになっています。マンダリンオリエンタルのアフタヌーンティーに心惹かれるとおっしゃいますので、今日はまずマンダリンオリエンタルのアフタヌーンティーから始まりました。お茶のサーブがたいへんユニークです。リストの中からカップサービスでどんなにも自由にフードに合わせて選ぶことができます。フーズのサンドイッチはオープンスタイル、オリエンタルを感じさせる素材の使い方、スコンはソフトなテクスチャーです。クロテッドをたっぷりと、ジャムもたっぷりと添えていただきたい私にはクロテッドが一口・・?でした。スウィーツはヴァラエティーに富んでおり、それぞれに楽しめるものでした。38階から目に映る風景、それはそれは壮大なものでした。そして、Sさんのティールームにお見えになるお客さまの多くの方がマリアージュ・フレールのお茶がお好きとのことで、銀座のマリアージュでお茶をいただいたり・・・。3月にOpenしたSさんのティールームのこと、これからのティーフーズのテーマと取り組みなど・・・二人で語り合いました。

Sさんとご一緒している間の2回、私はリプトン・ブルックボンドハウスで行われている、スコットランド在住の料理研究家アンさんのスコンとショートブレッドのレクチャーに参加いたしました。アンの温かいお人柄がお菓子の一つのスパイスのように思いました。このレクチャーのことは明日に・・・。おやすみなさい。Zzzz・・・


2007年6月20日(水)

マカロン考察。レッスンが終わる頃に、今大きなテーマと取り組稀テイルMayumiさんがお見えになりました。今日のレッスンが始まる前に、私ももう一度試してみます。この(今日は目黒)オーブンにも少しずつですが慣れてきましたので、私としては好みのマカロンに上がりました。しかし・・・、レッスン後の考察・・・・、Mayumiさんが作り、私が作り、またMayumiさんが作り、と・・・。続けて観察をしていきます。オーブンの癖、温度変化、材料の微妙な温度管理、勿論、マカロナージュから絞り方に至るまで・・・。レッスン後に一緒に考察してくださったKaoriさんと三人でオーブンの前に座り込み、ピエの出方から、上がり方の変化を見守り続けて、最後の見極めと。いつも一人でブツブツ言いながら作り続けているけれど、こんな風に試作をするのは、とても魅力的なことね。

写真はパリのフォションのマカロン! So Sweet!


2007年6月19日(火)

朝が早い日です。磯淵氏の研究科でした。今日のテーマは先月に引き続きフードと紅茶のペアリングです。いなり寿司、チーズが3種、スモーク・サーモンとフライドフィッシュ・・・。どんな風に・・? それはあまりにもトラディショナルな相性なのか、意外性な、でもそれが思いの外ベストな相性だったりして。同じ紅茶であっても、温度が大きく左右もします。とても興味深く、そして 心惹かれるレクチャーでした。

あまりにも簡単お菓子が続きますが・・・。ルバーブのプレザーブを入れて焼き込んだマフィン。素朴な、素朴なお味です。あんまりお洒落じゃないけれど。でも幸せになれそうなお菓子ね。


2007年6月18日(月)

ルバーブのプリザーブ。サクサクのショートケーキを焼いて合わせました。英国ではこの季節にたっぷりのホイップド・クリームといちごで頬ばったものですが、今日はクリームをサワークリームでさっぱりと、そしてまたまたルバーブです。

d

2007年6月17日(日)

日本へ帰国して、東京以外へのドライブは初めてのような気がします。梅雨入りしたとはいえ、今日はお天気もいいし、少し早起きをして八ヶ岳へ車を走らせました。空気がとても美味しい・・・。夫はもちろん、アチコチで蕎麦が気になるようです。このMt. Fujiは八ヶ岳側からの顔。


2007年6月14日(木)

一年ぶりの再会。昨年、私が帰国をする数ヶ月前に出会ったHigashiご夫妻。先日急な一時帰国が決まり、ご連絡をいただいての再会です。どうしてなのでしょう・・?何度も何度もお会いしたわけではないのに、とても気があって、大切に育んでまいりたいと思っています。

写真は私をイメージして作ってくださったカクテル。友人にご紹介いただいて先日もうかがった麻布十番のTHE BAR OLD&NEW AZABU。お洒落でありながら、ホスピタリティ豊かな、あまりにも・・・落ち着く空間です。


2007年6月13日(水)

昨晩のうちに東京へまいりました。今日、明日はこちらでレッスンです。今日はゆったり、ゆったりの楽しいレッスンの時間でした。デモンストレーションのメニューは、いつも手軽に簡単に作ることができる、それがテーマの一つでもあります。今月はヨーグルトベースのさっぱりムース。ムースにコンフィチュールを忍ばせ、そしてそのコンフィチュールに合わせたリキュールを使って。私はヒントを差し上げるだけ。後は生徒さん達がご自由にヴァリエーション豊かに仕上げてまいります。見ているも、耳に入ってくる会話も・・・、それはそれは楽しい時です。

 


2007年6月12日(火)

今日、昨日と静岡でレッスンでした。グレープフルーツのタルトは、私の生徒さん達のレベルにはとても易しいものだったと思います。でも・・・このタルトはどんなにも七変化できるように思います。クリーム、フィリング、デコレーション、どうか、いつの時にも肩の力を抜いて、作っていただきたいな、と思います。

さて、昨日、とてもステキな方がレッスンにお見えになりました。昨年まで英国に滞在され、お茶やマナーのお勉強をされたと言いますTさん。初めてお会いするTさんは玄関先に、優しい風合いの私の大好きな薔薇の花束を持って立っていらっしゃいました。英国のこと、お茶のこと、英国菓子のこと、英国の暮らしのこと、レッスンの中ではとてもとても語り尽くすことができない時間でした。一つ一つのこんなステキな出会い。お茶とお菓子は私に導いてくれるたいせつなものだと思います。

久しぶりにビスコッティが恋しくなりました。ナッツをたっぷり入れて焼いてみました。


2007年6月10日(日)

久しぶりに静岡でのんびりの日曜です。先週、フレンチのすぎもとさんが「来週、ミルクラムが入りそうですよ」と・・・。今日は朝からお腹のスペースをいっぱい空けておき、お食事に出かけました。いつもいつも、すぎもとさんの素材を大切にされたお料理にドキドキしてしまいます。あぁ。次は何がいただけるのかしら・・・?って。今日いただいた、ミルクラムの美味しさは勿論ですが、ホタテの美味しいこと、美味しいこと。そして、グレープフルーツとグランマニエのデセール。このグレープフルーツも伊豆で作られている方がいらっしゃるのです。一つ一つにこだわりを持つことができる。なんて幸せなことでしょう。 写真はそのデセール。


2007年6月7日(木)

来週月曜からの今月のレッスン。なのに、まだ・ ・ ・試作をしています。 ダマンドに加えるピスターシュのペースト、イタリア産の中でも風味がそれぞれに違います。ほんのり香る分にはあまり気にならないものも、あまりにも表現してしまうとバランスが崩れてしまう・・・、素材をえらぶことも、とても大切なことだと思います。そしてデコ・・・、やはりシンプルに仕立てるのが、一番美味しいかしら!?

十数年前に義理ママがお庭に蒔いたびわの種。今年たわわに実ったのです。籠にいっぱいいただいて、コンフィチュールとコンポートに仕立てました。でも・・・びわのコンフィチュールは甘すぎてしまったよう。糖度のことをきちんと分かって作らなくちゃいけないのですね。ブラック・ペッパーとクローブで少しだけピリッとスパイスしてみました。


2006年6月6日(水)

綺麗にRaiseしたスコンと美味しそうを漂わせているカヌレ。銀座のマリアージュ・フレールです。スコンは勿論ですが、私はこちらのカヌレが大好き。最も私の好きなテイストのカヌレです。お茶はディンブラをたっぷりのミルクでいただきました。10種類ほどあるディンブラの中からレコメンドしていただいて選んだお茶もまた絶品です。

夜遅い時間に静岡に戻りました。この3日間、お菓子三昧の楽しい時間を過ごしました。さぁ、少し気持にスパイスを入れて、美味しいお菓子制作に入りましょう。


2006年6月5日(火)

ホント・・・美味しい。私はトラディショナルを大切にされるお菓子が好き。今日は友人と東京お菓子探訪・・・。まず向かった先はHidemi Sugino、信じられないけれど定休日ではないはずなのにClosed、友人もチョッピリ、ショック。でも、気を取り直して、オーボンビュータンへ。私は河田シェフのお菓子が大好き。写真のお菓子 をEat inでいただきました。シンプル、でも・・・、どれも美味しい!そして、ノリエット、それから調布のスリジェへ、そして銀座ミキモトの横田シェフのラウンジへ 。今日出かけた4人のシェフ達。どなたもがトラディショナルを大切に、そして感じることは素材を生かしたお菓子達!と、思います。そして、心からこういうお菓子が美味しいと思いました。今日はひさしぶりにお会いするコルドン・フレンズとの再会にも、楽しい時を過ごしました。昨晩から、ずっとお菓子談義に花を咲かせています。こんな風に同じテイストを持っている友人と過ごす時間はほんとうに幸せです。


2006年6月4日(月)

なにやら、毎日同じようなお菓子を仕立てているようにも思えるのですが、このタルトはルバーブとストロベリーの組み合わせです。ほんのり酸味とストロベリーの優しい香りと甘さが私にはとても相性がよいと思えるのですが・・・。

今日はこのお菓子を仕立てて、午後から東京へ。お菓子仲間と久しぶりにお食事をして、尽きないお菓子の話しに時計の針は次の日を指していました。食事のあとに何とも居心地のよいバーへでかけました。フト・・・、話が途切れたときに大好きなジャズが流れていることに気づくような・・・ステキな時間でした。


2006年6月2日(土)

グレープ・フルーツのタルト、簡単なルセットです。だからこそ、素材選びがとても大切なことだと思います。バターは勿論のこと、アーモンドプードル、ピスターシュなどなど・・・。そして、私はシンプルに焼き上げただけが好き。でも、こんな風に少しだけデコレーションをしてあげることも楽しいときです。

夜・・・我が家としては珍しい時間、二人でピアノ・バーへ出かけました。お友達のバーでもあるのですが、お仲間のKさんがトルコの旅から戻られ、そのお帰りなさい!会です。旅の話をうかがいながら、お土産のワインをいただく・・・、ステキな時間です。私はトルコへは出かけたことがありません。でも、トルコのお茶、大好きなターキッシュ・ディライト、欧州と亜細亜の融合する街・・、いつの日にか訪れてみたいと心描いています。


2006年6月1日(金)

この1週間は、ルバーブとグレープフルーツと向き合って、ずっとお菓子を作り続けました。ルバーブは4品がほぼ完成です。そして6月のレッスンのグレープ・フルーツのタルトもほぼ・・・完成です。