<<< Return


2008年1月30日(水)  

今週は腰を少し労って、読書週間!と決め込んだのですが、少し痛みが和らぐとキッチンに立ってしまいます。抹茶のオペラを試作中です。全てを抹茶にしてしまうと、インパクトに欠けてしまうように思います。もう少しいろいろと試してみます。

今日は月に一度だけの週末レッスンのお仲間と、そのお仲間のMatsuiさんのお店に皆でお食事に出かけました。大好きな共通のものがありますから、お話しも楽しく、ドキドキするような思いの企画も持ち上がったり・・・。美味しく楽しい夜を過ごしました。しかし・・・、皆お酒お強くて・・・。楽しいわ!!


2008年1月27日(日)  

生徒さん達からも来月のスケジュールのお問い合わせをいただいておりまして、さすがにUpをしなくてはいけないと思うのですが、のんびりに拍車がかかっております。

チーズのセミナーで思わぬところで共通点を持っておりましたJunkoさんからお食事にお誘いいただきました。最近、よくよく耳にしており、予約を試みるもなかなか取れずにおりましたNew York style Italian Restaurant  「YAMADAI」に予約を入れてくださいました。New Yorkのイタリアンレストランをイメージされているお店は、雰囲気、お料理、シェフと奥さまの温かいおもてなしが何とも心地よく、こちらもお野菜がとても美味しい。バーニャカウダ、3日間をかけて作り上げる生地のゴルゴンゾーラのピッツァ、そしてお魚のズッパをJunkoさんとシェアでいただきました。ひとつ驚きましたことはワインリストに日本のワインが数多くならんでいることでした。今、日本のワインは大きな魅力に包まれているようですね。

静岡コシヒカリを使ったすぎもとさんのデセールを「再現してみてよ」と、夫が言います。キャラメルはハチミツとお醤油で作ります。まずは3種、試してみるのですが・・・、難しいですね。


2008年1月26日(土)   

ここのところ、ますます写真がボケてしまいます。カメラを持つ手が安定しないのだと、夫からアドヴァイスされます。写真はお菓子のGift便 。ガトー・ショコラが2種、フィナンシェとマカロン4種です。心を込めてパッキングをして宅配便に託します。喜んでいただけるかしら・・?なんて思いながら。

今日は静岡で10年近くも続いているというワイン会に参加いたしました。テーマは「ブルゴーニュのオールド・ヴィンテージ」 まずは、シャンパーニュ:ジャック・セロス・イニシャルでスタート、ロワールの白、そして76年〜89年のブルゴーニュを4種、そして最後はブラインド・・・と。オールドのブルゴーニュはもちろんですが、シャンパーニュの香り、潤す喉ごし・・・ 、お気に入りです。

昨年末から体脂肪が20を切ることがなくなっています。それまでは20を上回ることはなかったのに・・・。もちろんお野菜もいっぱいいただきますが、毎日ワインにチーズ、そして試作続けるお菓子のテイスティング。少し気をつけてまいります。


2008年1月25日(金)  

今日からNYへ出かける予定でおりましたが、チョット腰と背中に痛みを覚えており、急遽キャンセルいたしまして・・・、ということはこの1週間、私は思いっきりフリー、のんびり過ごすことにいたします。

マカロン旋風が吹いております。私も、昨日、今日と5種類のアレンジを試し、作ったマカロンは300個近く・・・。懲りることなく、飽きることなく、この微妙なマカロナージュに気持ちいっぱい浸っております。生徒さん達からもメッセージ、続々と入っております。Michiruさんから届いたマカロンの焼き上がり、買ったばかりのオーブンで、ご自分での初マカロン?! フ〜ゥ、とても綺麗!!

今日は大好きなイタリアン、イル・カスターニョに。シーフードに鴨、シシリーのワインを合わせて、微酔い加減の(昨日もそんなこと言っていたような・・・!?)美味しい夜を過ごしました。


2008年1月24日(木)  

静岡でのレッスンも終わり、あまりにもゆったりと時間が流れるここ数日。小さなイメージを少しずつ形にしてみます。 私のイメージするもののコンセプトのひとつは、アンティークを私風にアレンジしていくことかしら?英国、フランス、ドイツ、そしてアメリカのアンティークの小物達、皆それぞれに表情が違います。写真はアメリカのマクベス・エバンズ社アメリカン・スイートハート(1930-1936)、真っ白ではないほんのりと優しい風合い、私の好きなテイストです。

チーズのセミナーにうかがいました。今日のテーマは日本へ帰国してよく耳にするマリアージュ。私には何やら少々気恥ずかしいような表現です。今日は6種類のタイプ別のチーズに5種類のパンとハチミツ、リンゴ等、個々に組み合わせ、好きなテイストを臨床してまいります。紅茶でもよくよく行うことですので、私にとりましては、たいへんポピュラーなことですが、私は研究心というものを持ち合わせないのでしょうか!?これが美味しい!!で、充分なんです。ワインもいただいて、微酔い加減の心地よい夜が更けてまいりました。


2008年1月23日(水)  

日本各地から雪の声が聞こえてくる中、静岡は朝からシトシト・・・と雨模様。アメリカに滞在していた頃のことを懐かしく想い出しておりました。ダイニングから眺める雪景色が大好きでした。

 

 


2008年1月21日(月)  

静岡でのレッスン。何もUpするような写真ではないかとも思いましたが(17日のお菓子とほぼ同じですもの)、こんなにシンプルなデコレーションが私の好きなテイスト。

先日のすぎもとさんのお料理のウサギ。まだまだ無知な私、ウサギは全てラパンと思っておりましたが、ラパンは食用飼育のウサギなのですね。野生のウサギはリエーブルと区別されると教えていただきました。


2008年1月19日(土)  

今日は静岡に戻り、 ガレット・デ・ロワのレッスンです。ナイフを入れる時のサクサクッ、という音、あぁ・・・幸せだな、と思える瞬間です。そして、香り豊かなアーモンドクリーム。素朴だけれど、美味さがッギュッとお菓子の中に隠れているように思います。 いつも目黒のレッスンに参加下さるYasueさんが今日は群馬から静岡までお出かけ下さいました。少し大きくなり始めたお腹で、なんと10時半から4時半まで、きっとお疲れでしょう・・・?と皆で心配しながらでしたが、のんびりと作り上げていく時間に彼女もとても楽しんでくださったようです。

お片づけが終わって、すぎもとさんにうかがいました。今日も冬野菜をほっこりと仕立てて下って・・・、なんて優しいお味なんでしょう。そしてメインは野ウサギ。赤ワインのソースがお肉をより一層美味しくしているように思います。シェフがお薦め下さったワインも手伝って、微酔い加減の美味しい夜がゆ〜るりと過ぎてまいりました。


2008年1月17日(木)  

今月のレッスンは来月のヴァレンタインによせてフォレ・ノワール、そしてマカロンを作ります。今日のレッスン、どちらもとても綺麗に仕上がりました。「美味しい」って言っていただくことが私の一番の幸せ!!明日もそんなメッセージがとどきますように ・・・。


2008年1月12日(土)  

ハートのマカロン、できました。

ここのところ、自宅で過ごす週末の夜はワインとチーズ。そして、ワインに合わせたオリジナルお料理&アペタイザーをまず1OO種類作りましょ、という楽しみも増えました。


2008年1月11日(金)  

今日は宇山先生のお料理教室にうかがいました。ひとつ一つ心を込めて作るお料理はホッと優しい気持ちになります。

お客さまをお迎えいたしました。簡単なお菓子での頑張らないおもてなし、でも心を込めてお茶を淹れます。ゆ〜るりと流れる時間が大好きです。

我が家の夫が一言「お客さまが見えると部屋が綺麗になっていいねぇ・・・」ですって。


2008年1月10日(木)  

今月はフォレ・ノワールとマカロンのレッスン。マカロンの復習をここ数日前から始めています。静岡でのレッスンは問題なく綺麗に上がりそう、でも目黒のオーブンの気まぐれが少し心配です。同じオーブンが3台あるのですが、その3台はまるで三つ子の兄弟のように、それぞれに個性を持っています。だから面白くもあるのですが ・・・。やぱり綺麗に美味しく仕上がってほしい気持でいっぱい。今はショコラ・ハートのマカロンがオーブンに入っています。ヴァレンタイン用と仕立てております。さてさて、どんなクリームでサンド いたしましょ?

2008年1月9日(水)  

昨日の続き・・・になってしまうのですが、いただいたお年賀状とグリーティングカードの数々を大切に手に取り拝見するものの、どうしてでしょう?筆を取ることができずにおりました。寒中お見舞いという形で、今日はお一人、お一人のお顔を思い浮かべながらペンを取りました。少しずつ、ポジティブに。

チーズと一緒にクラッカーとバゲットをいただきます。いつも、多めに多めに求める私、どうしてもバゲットが残り硬くなってしまいます。その硬くなったバゲットを「ラスク」に仕立てております。懐かしさをおぼえるお菓子?スナック菓子 ?です。今日は夫のリクエストでガーリック風味。

 


2008年1月8日(火)  

実は、昨年の年末頃より、何もしたくない病が続いていました。ただ、ワインとチーズの本を片手に、大好きなCDを聴いているだけ。そんな風に過ごしている時が一番幸せに思えてしまって。

その反面、今年は人との出会いを大切にと元旦に誓ったことが時々想い出され・・・。タイムリーに夫に「らしくないよ!!」と寝しなに言われました。

二日遅れですが、「ガレット・デ・ロワ」を焼きました。今年のフェイブはショコラ。ナンともキュートです。

 


2008年1月6日(日)  

ロンドンのお菓子の学校で出会ったNorikoちゃんのWeddingに夫婦でお招きいただきました。腕に抱えきれないほどの幸せ、そして笑顔。私の心の中に大切に刻まれました。

Weddingのお部屋に置かれた1800年代のスタインウェイのアンティークピアノ。そのピアノの歴史もとても心打たれるものでした。

 


2008年1月2日(水)  

今日はお客さま、懐かしいお顔に再会して、楽しい楽しい時間を過ごしました。昼の宴、夜の宴・・・お昼の3時頃から始まり、最後のお客さまがお帰りになられたのは夜も更け、もうすぐ朝の声が届きそうな3時頃。幸せな一日でした。

お料理はあまり時間をかけずに・・・。写真は英国で出会ったシェパーズ・パイ、そして バーニャ・カウダ。作り置きできるおもてなし料理はとても便利ね。


2008年1月1日(火)  

新年あけましておめでとうございます。

今年は昨年にも増して、のんびり過ごしたいと心しております。穏やかに、そして幸せな時がながれますように。

そうそう、今年は人との出会い、再会を大切に!心に刻んでまいります。