<<< Return


2008年2月29日(金)  

私の静岡でのお料理の先生とお友だちのMatsuiさんがお茶にお見え下さいました。お二人とも食の仕事に携わるお忙しい方です。きっと大切な時間を調整してくださってのこと。そぅ、食のお話しに話しも弾みます。昨日のサクラのスコンですが、やはり今日も上手く焼けませんでした。スコンはお客さまがお見えになる時間を描いて生地を作り始めます。私はいつもいつも、ギリギリまで待ってしまうために、なんとなく失敗が多いんです。いけないな・・・これでは。

夜はイル・カスターニョに出かけました。何とも心落ち着く空間です。シェフのお料理は、いつもいつも優しいお味です。そして、さり気ない中にも温かいホスピタリティーを感じて、お店を後にしたしました。


2008年2月28日(木)  

今日はチーズのクラスにでかけました。今日のテーマはチーズを使ったお料理です。フロマージュ・ミナミ、ワイン・バーのシェフがデモンストレーションで4つのお料理を作ってくださいました。お客さまのおもてなし料理としても作ってみようと思います。手軽さも魅力のひとつです・・・。

サクラのスコンをやいてみました。Fu〜wa ッと優しいお味ですが、形がチョッピリ悪く不格好ね。でも、私には愛らしくって・・・。もう少し試作を重ねてみます。


2008年2月27日(水)  

目を閉じて耳をすましてみます。春の足音が静かに静かに聞こえてきます。もう、すぐそこに春が近づいていますね。

 「3月はシューのレッスンを!」とお話しいただいておりました(22日のDiaryにてお話ししました)私の大好きな静岡の一つのクラス。ところが、美味しいいちごの季節に「フレジェ」を行いたいわ!!」と変更のメッセージが入りました。受けて立ちましょ!!私も大好きなお菓子ですもの。そんなわけで、今日は久しぶりに試作をいたしました。日本のいちごは甘くって、サイズもパックに整列をしたように美しく並んでいます。ロンドンの学校時代に、シェフに分け与えられたいちごが、あっちこっちを向いた表情、サイズも大・中・小、これをどうやって美しく表現するの・・?なんて悩んだ懐かしい想い出が甦りました。

私のデコレーション、いつも同じ・・?もう少しいろいろな表現をしてまいります。


2008年2月25日(月)  

今月のレッスンが終わりました。今日は、ちょっとだけ時季外れのガレット・デ・ロワ。ナイフを入れたときの、サクサクと言う音、豊かに香る私の大好きなアーモンド。きちんと焼き上げたお菓子は美味しい香りが漂います。

そして・・・、お菓子が導く出会い、優しい笑顔は私の大きな宝物。その、ひとつ一つを大切に、と心に思います。

 


2008年2月24日(日)  

先月から参加しております静岡でのワイン会。今日はブルゴーニュ:ニュイ・サンジョルジュ。2005年という若いワイン達でしたが、 水平試飲をしてみますと、それぞれの個性を見、飲み分けることができるように思いました。でも、私は「これが好き!」とお好みのワインに出会えることができれば、それで十分に幸せです。あまり難しいことはわかりませんもの・・・。

 


2008年2月22日(金)  

3月の静岡でシューのリクエストをいただいておりまして、ここ数日はレッスンが終わりますと、気持をキュッと入れ替えて、イメージを描いております。春のイメージのパリ・ブレスト? 春色のルリジューズは、どうかしら・・? と。いつものことではあるのですが、一人でブツブツ呟いております。

写真はパリのルリジューズ


2008年2月21日(木)  

もう少し、元気でいたいなぁ・・・、と心から思います。いっぱいの方々にご心配をおかけしてしまった検査の結果、「○○さん、まだ痛いですか?不思議ですねぇ、どこも悪いところはありませんよ」って、お医者様。大袈裟の大騒がせのわたくしでした。腰の痛みはやや感じるものの、すっかり元気です。

昨日から目黒でのレッスンが始まりました。ミル・フィーユ。とてもとても綺麗に美味しく皆さんがしあげていらっしゃる、私自身がとても幸せを感じる時でもあります。

今日は早い時間にレッスンが終わりました。先日、メディアで見ました恵比寿の鯛焼きやさんの鯛焼きをいただいてみました。 優しい甘さが美味しくかんじました。


2008年2月18日(月)  

昨日の散歩の途中に、フト目にスノウドロップが。小さく儚く、健気に咲くこの花が私は大好きです。

2週間ほど前から少し体調を崩しておりまして、今日は検査の為、病院にまいりました。病院は苦手!!体調が悪いと言いましても、お食事は美味しくいただきますし(昨晩も6時半までに食事を済ませてくださいという病院からの 指示に、ギリギリまで美味しいお寿司に日本酒までいただくし・・、毎夜のワインも楽しくいただきま すもの、検査なんて・・・、とも思うのですが。でも、健康であることの大切さをとても大きく感じるこの頃です。


2008年2月16日(土)  

久しぶりのDiary Upです。この1週間、静岡籠もり、キッチン籠もりに徹しておりまして・・・。ひとつの悲しいお別れもありまして・・・。

今日は静岡でのオペラのレッスン。ひとつ一つのパートを丁寧に作り、そしてオペラに仕立ててまいります。2日遅れのヴァレンタイン・ギフト?半分はお友だちへのギフト、何やらシークレット(?)のギフト、家族で召し上がるオペラ・・・、と皆さんがそれぞれに、黙々と楽しそうに。こんな時間が大好き。

写真は今日のウェルカム・ティー:Lady Grayのアイスティー、そしてKeikoさんのオペラです(ツヤツヤでとっても綺麗!) 今、写真にとっても興味を持っている夫がレッスンも終わりのお茶の時間になって、皆さんがいらっしゃるところへ合流(とっても珍しいことですが)。Keikoさんのオペラを被写体に2人で写真談義をしておりました。そうそう、写真と言えば、今週水曜にJunkoさんにお誘いいただいて、またまたYAMADAIさんへ夫と共にうかがいました。シェフは以前写真家でいらしたそうで、シェフが撮られた写真がレストランの壁々にかけられ、このお店のコンセプトでもあるNew York styleを描き出しています。YAMADAIさんは今、静岡でなかなか予約の取れないお店のひとつです。豊かな空間、何かご自宅にお招きいただいたようなおもてなしのようにも思います。私の大切にしたいホスピタリティーがここにあります。


2008年2月8日(金)  

今晩はお友だちのご家族が我が家へお見えになりました。パパとお嬢さんのSachiが陶芸をされておりまして、Sachiは私の好きなテイストのお皿を焼いてくださり、パパは蕎麦チョコを作ってくださっていると言うことで(ほんとうは今日お披露目の予定でしたが、間に合わず・・・)夫の蕎麦がメインの、和食中心のおもてなしでした。「今晩の最後はわらびもちを作ってチョ!」と彼のリクエストで、たぶん10数年ぶりにわらびもちを作りました。ちょうど年末に美味しい美味しい蕨粉ときな粉をいただいておりましたので。とっても美味しくできました。


2008年2月7日(木)  

今日のお花は 先日のお客さま、私の恋するお花の先生Kさんにいただいたアレンジメントです。大好きなラナンキュラス、チューリップに小手毬、そして青いリンゴやゼンマイ。春の香りが漂います。

 

今月のデモンストレーションメニュー。アマンドショコラにいたしました。キャラメライズしたアマンドにショコラを絡めていきます。お写真、あまり美味しそうに見えないかもしれませんが・・・、でも たいへん美味しゅうございます。

 


2008年2月6日(水)  

今日のお花は一昨晩シェフにいただいたアレンジメント。オレンジのバラ、菜の花、スイトピーに小手毬・・。温かい温かい優しさが伝わってまいります。

ミル・フィーユをどうにか綺麗にサーブできないかしら・・?と、ずっと考えております。大きく仕立てたときのカット方法にマニュアルがあります。ミル・フィーユの向こう側に壁を作り、ナイフを立ててグッとカットしてまいります。クリームをやや固めに、そして挟むクリームの量もホドホドに控えれば、何の問題もなく綺麗にカットできます。でも私、クリームとフィユタージュ、そして中に隠れるいちごとのバランスを考えますと、クリームをもう少し入れてあげたい、と思いますの。そのクリームもやや硬めのパティシエールではなくクレーム・ディプロマートで。すると、当然カットは難しくなりまして・・・。でしたらカットをしてデコレーションをすれば簡単なこと、と思いもするのですが、ホールで仕立てる魅力も捨てきれず・・・。今日はどちらも試してみました。写真はカットをして5層に仕立てたミル・フィーユ。クリームの層が綺麗に出なくて・・・、そうそう、それから美味しくいただける限界も生徒さんにお伝えするには大切なことと輪唱しております。


2008年2月5日(火)  

春が一度に訪れたような我が家。わたくしお花をいただくと、とても大きな幸せに包まれます。昨晩のお客さま、それぞれにとってもステキなお花をお持ちくださいました。

春の声が少しずつ聞こえてくるようです。


2008年2月4日(月)  

ドキドキ、ステキな夜。今宵我が家のカウンターテーブルがバールと化して、美味しい夜がスタートいたしました。大好きなイタリアンのシェフとお仲間、そしてブキッチョな私にお花をご指導下さるKさんが今晩のお客さま。まずはアペリティーボにロゼのスパークリングワインでSalute!! シェフに食べていただくにはとても恐縮してしまう ような簡単なアンティパスティ、グージェールやピンチョスをつまみながら、イタリアの話し、食の、ワインや旅の話しに時が流れていきます。その後 キッチンにシェフが立たれて私のお料理に手を加えてくださると(私が訴えていました!!)プロの味に・・・。そして席をテーブルに移すと、美味しい美味しいお肉をメイン のお料理をシェフがサーブしてくださったりと・・・・、私がおもてなしをしていただいてしまったような。

心もお腹もほんわりと温かくなる、そんな幸せな夜でした。


2008年2月3日(日)  

日本各地から雪の便りが聞こえてきます。静岡は昨夜未明よりシトシト・・・と雨が降り始めました。大きな雪はたいへんだけれど、恋しくも懐かしくあります。

不本意な出来上がり、そして写真も上手く撮れませんでしたが、マカロンタワーです。

 


2008年2月2日(土)  

抹茶のオペラができました。ジョコンドとバタークリームをお抹茶風味に、ガナッシュ、グラサージュはセミスウィート・ショコラにいたしました。ガナッシュ、グラサージュも抹茶風味に仕立てたりと、いろいろと試してみましたが、先日の写真の通り、何か見た目にもお味にもインパクトに欠けてしまうように思いまして・・・。

 


2008年2月1日(金)  

今が旬のいちごをたっぷり、ディプロマートクリームとサンドしてミル・フィーユを作りました。キッチュなハートシェイプにも仕立ててみたのですが、カットが・・・・、苦労なんてものではありません。 レッスンではシンプルに仕立ててまいります。

抹茶のオペラも、ほぼ形になってまいり ました。