<<< Return


2008年3月25日(火)  

今月のレッスンが終わりました。静岡でのレッスンのフレジェ、みなさんとっても綺麗に作ってくださいまして・・・、少しアレンジのフレジェを考えています。昨日も遠方から生徒さんがお見え下さいました。西は浜松、東は富士から。ステキな出会いに大きな幸せ、感じています。

春をイメージいたしまして・・・、ヴァニーユ、抹茶のバヴァロアを二層にセンターに、そしてフレーズのバヴァロアで全体を作りました後に、ほんのりピンクのイタリアンメレンゲでデコレーション、少しだけポイントバーナーいたしました。

 


2008年3月23日(日)  

今年のイースターは、なんとこの週末・・・。うっかりと忘れてしまうところでした。今日、お散歩の途中にKazukoさまのお宅へ、ちょっぴりお寄りしましたところ、こんなにステキなイースターエッグが玄関のドアに掛けられておりました。私も遅ればせながら、明日にイースターエッグを作りましょ。


 

2008年3月22日(土)  

桜の開花宣言。春爛漫の静岡です。

今日は以前よりKazukoさまご夫妻からお誘いをいただいておりました、焼鳥屋さん「ちゃぼ」へうかがいました。ひとつひとつの素材へのこだわり、オーナーご夫妻のお客さまへの心地よいホスピタリティー、そしてその空間と・・・。なんとも美味しい春の一夜でございました。


 

2008年3月21日(金)  

写真、光りを調整できずに上手に撮れておりませんが・・・、ギモーブです。とっても久しぶりに作りました。ひとつはサクラの口金でキュッとシェイプをしまして(つもりが・・・、)もうひとつはハートのクッキーカッターで抜きました。


 

2008年3月20日(木)  

昨日から降り続ける雨の日。

ポカンとフリーな、何もしない一日。

ボコボコと荒れた肌のようなビスキュイ。バスケットの編み目をイメージしたものなのですが、焼き上がりはこの通り・・・。お菓子はお味も大切ですが目に映る姿もとても大切なこと。明日にまた新しいイメージを形にしてみます。


 

2008年3月19日(水)  

お彼岸ですので、母と一緒に父のお墓参りから始まった一日でした。

今日は4月のレッスンのデモンストレーションメニューにMayumiさんからリクエストをいただいた、ギモーブを久しぶりに作りました。もう一つ、4月のお菓子としてバスケットをイメージしましてヴァニラ風味のバヴァロア、フランボワーズのジュレ、ベリーのムースを三層に仕立てたシャルロット。相変わらずのイメージ先行、あまり美味しくできませんでした。

夜は私たちのお仲間8名でお願いしてのイル・カスターニョのお料理教室。 Keikoさんのリクエストのゴルゴンゾーラのニョッキと、私がお願いしましたカチュッコ(お魚のズッパ)。シェフがイタリア時代のこと、食材のお話しを交えながらお料理を進めてくださいます。二品お教えいただいた後は、アンティパストから始まるお料理を、ワインと一緒にいただきまして。「Junkoさんのケーキの復習はなかなかできないけれど、これはすぐに作るわ!!」って・・・、ン?でも、シェフもイタリアンはマンマの料理でいいんじゃないの?とそんな風にお話ししてくれますから、手軽に作ることができるってステキなこと 。とてもとても楽しい夜でございました。

写真はカッチュッコ


 

2008年3月16日(日)  

この週末から岡山〜大阪へ出かける予定をしておりました。今日は岡山のTea Room「Tea Rose」の開店一周年を記念しての私のお菓子教室を予定しておりましたが、オーナーのYasukoさんが突然のご病気になり延期となりました。レッスンにご参加希望くださった20名ほどの方々には、また彼女の快復を待ってお会いすることになることと思います。今は、Yasukoさんの快復、はやく元気になって下さることを心から祈る気持です。

夫も私も花粉症はなく(でも予備軍なのかもしれないのですが)散歩が気持のよい季節。大好きな木蓮の花が目に留まりました。


 

2008年3月14日(金)  

目黒の今月のレッスンはオペラ。トラディショナルのカフェ、そして私の今年のヌーヴォーであるお抹茶を、お好きに選んでいただきました。ジョコンド、バタークリーム、ガナッシュ、アンビバージュ、グラサージュ、そしてパイピング・・・、と行程の多いオペラですから、お迎えを控えているママ達にはタイトなスケジュールでしたが・・、でも皆さんとてもお洒落に仕立ててくださって、幸せな時間でした。

お片づけも、まだ途中、私は六本木のSweet Basilに出かけました。松本あすかさんのライブです。昨年も王子ホールで聞きましたが、クラッシックとジャズをフュージョンした彼女のオリジナリティー溢れる、彼女だけの音楽を感じます。今回はベース、ドラム、そしてヴァイオリンとのジョイントもあり、彼女のワールドに引き込まれていくような時でした。明後日にはロンドンに戻るRieさんと今日もご一緒して、静かだけれど、でも何か心Movedする夜を過ごしました。


 

2008年3月12日(水)  

我が家は新聞も取っておりませんので、ローカルのインフォーメーションはほとんど入りません。数日前のこと、たまたまリサーチをしていて目に留まりましたご近所のスーパーマーケットのインフォーメーション。なんとビオファーム松木の松木さんのお料理教室が行われるというのです。もう、期限間近と言うこともあり、無理かしら?と思いながらも電話を入れてみますと、Ok!スーパーマーケットのひとつのコーナーにクッキング・スタジオがあります。静岡にもこんなスタイルのスーパーマーケットができていることに、驚きと共に、こんな風にお料理に対しての意識が高まっていることに嬉しさを覚えました。

今日のメニューは大浦牛蒡のポトフ、旬のお野菜達がいっぱいのバーニャカウダ、そしてニンジンのクレーム・ブリュレ。富士宮のBio Deliに時々うかがいますが、Hands on で自分たちで作っていくことも、楽しい時間です。松木さんのお野菜の魅力・・・、それは本来のその野菜が持つお味をしっかり主張しているということではないかと思います。素朴な美味しさが、ホッと心を温めてくれるようなひとときでした。 写真は大浦牛蒡。直径10cm以上はあります。でも煮込むとホロホロと柔らかく、とても美味しい根菜です。

イル・カスターニョで軽くお食事をいただいて、今は東京へ向かう新幹線の中。この1週間は時間が早く流れそうです。でも、たっぷりと眠ることは忘れません!


 

2008年3月10日(月)  

コーニッシュのクロテッド・クリームを夫が英国より求めてきてくれました。早々に焼きたてのスコンを作り、いただきました。どうして、こんなにクリーミーで美味しいのでしょう?確かに脂肪分が高いわけですから濃厚ではあるのですが、ス〜ッと口の中で溶けていくようです。ミルクの違いを大きく感じます。


 

2008年3月9日(日)  

日曜日のレッスンはとても稀なことなのですが、今日は久しぶりのフレジェのを作りました。昨日、チョット悩みましたクレーム・ムースリーヌ。今日はとっても美味しく出来上がりました。ホント・・・、キュートなお菓子です。 週末の静岡のレッスンはゆったりペースで進めてまいります。朝の10時半にスタート、最後の生徒さんがお帰りになられるのは、4時半から5時頃。週末の一日を私の所でゆっくりと過ごしてくださる、私にもたいへん楽しい時であり、リラックスの中で行うレッスンの時です。

今日、出張先から戻った夫と「旬香すぎもと」へうかがいました。いつも、いつものことですが、すぎもとさんの食材へのこだわり、愛情がヒシヒシと伝わります。その食材を、それ以上に美味しく仕立てていらっしゃる。「旨いね!!」と夫も一言。時差のある夫は、途中夢のなか・・・。美味しい夜が過ぎてまいりました。

サッ、明日もレッスンです。


 

2008年3月8日(土) Vol.2

今日はフェスタ デッラ ドンナ:女性にありがとうを言うと共に、心を込めてミモザを贈るという日。イタリアの粋でステキな一日を感じます。

Kazukoさんのお宅のミモザをいただいてまいりました。ちょっぴりハード・スケジュールの中、今年のミモザをイメージしたお菓子は仕立てておりません。時間を見つけて、何か形にしてみようと思います。


 

2008年3月8日(土) 

今日 は明日の準備に一日がアットいう間に過ぎました。皆さんに食べていただくためのお菓子を仕立てました時に、クリームに何か美味しさを感じず、少し考えなおしてみまして・・・、何度か繰り返してみました。明日は美味しくできますように!

昨日、お友だちのKazukoさんと鷹匠にある「成生」さんという天ぷらやさんにうかがいました。オープンされて、どれくらいの月日が経っているのでしょう?小粋な佇まいです。お店はカウンターに6席、ひとつお座敷があるようですが、昨日はカウンターに私たちを含めて、お二人ずつのお客さまが二組、店主のひとつ一つのこだわりをたいへん大きく感じました。Kazukoさんと2人、ゆっくりゆっくりと美味しい天ぷらをいただきながら食の話し、旅の話し・・・、と週末の夜が更けてまいりました。

昨日のDiaryに記しました次の日曜にTea Roseでのレクチャーで作りますシャルロット。やっぱりエクササイズしておきたいとおもいまして。リボンが・・・・さすがに大きすぎるかしら?


 

2008年3月7日(金)  

昨年の3月、岡山にティールーム「Tea Rose」がOpenいたしました。女性らしさ、優しさ、心細やかさを私はオーナーのYasukoさんに思っております。そして、ひとつ一つの全てのことにこだわりを持たれていらっしゃ る私の大好きなティー・ルームです。昨年のOpen時にティーフーズのお手伝いをいたしました。そして、迎える1周年を記念して、私がお菓子のレクチャーをさせていただくことになりました。デモンストレーションだけのレクチャーですが、心を込めてお菓子を仕立てたいと心に思っております。 数日前のこと、Tea RoseのWeb-siteがスタートされましたと、ご連絡をいただきましたhttp://tearose-okayama.jp/

NY Cheesecakeがあるのですから、Cheesecake Italienneもいいかしら・・・?クリームチーズにパルメジャーノを加えてみました。少し・・、お味が濃すぎるよう。でも、美味しい。


 

2008年3月6日(木)  

時間が、速く速く流れていきます。今週は夫がヨーロッパでお仕事中。のんびりと過ごしてはおりますが、やらなくちゃいけないこと、やりたいことが山積み。ひとつひとつクリアしてはいくものの、私のペースでは追いつかないんです。のんびり過ぎるのでしょうね・・・。なのに、フト、イメージが膨らむとキッチンに立っては試作を始めてしまい、重ねてこの週末からスタートする今月のお菓子もエクササイズ中。キッチンは甘いアロマが漂っております。

写真は次週に行います「抹茶のオペラ」の最終確認です。             パイピング:下手!だわ!!


 

2008年3月5日(水)  

ロンドンから一時ご帰国中のRieさんが静岡で途中下車、短い時間でしたが、春間近の静岡でゆっくりお食事いたしました。しかし・・・、パワフルな彼女。でも、ご自分自身に無理なく、あくまでも自然体の中でのことのように見えるの。ステキに生きている、って思います。

さぁ、私も元気のお裾分けをいただいて・・・、春を迎えましょ。 今日は名残りの梅の花も遠目に見て、ホッと心が温まりました。

ナッツのバーを作りました。なんともコーヒーに美味しいように思います。

 


 

2008年3月3日(月)  

お雛祭りの今日は宇山先生のお料理教室にうかがいました。お部屋の諸処にお雛様を飾られています。日本に伝わる行事は、そのひとつ一つが風情豊かであり、季節を肌で感じることができます。大切に育んでまいりたいと思います。 今日は春のお膳。宇山先生のお料理は、ほんのりと優しいお味です。

写真は宇山先生のお雛様。

 


 

2008年3月2日(日)  

昨晩、私の友人のKazukoさんご夫妻がお見えくださいました。私たち夫婦とKazukoさんご夫妻の二組だけのお食事会です。お料理は特別に手のこんだものではありませんが、一皿ずつ仕立ててまいりました。ワインを片手に、共通のお話しがありますから、ゆっくりとしたペースでお食事を 進めていくことができます。フト、気づくと日付も変わり、静かに夜が更けてまいりました。

そして、今日はオーストラリアからの留学生を受け入れていらっしゃるMさんが、チョッピリとホームシック気味の留学生と一緒にお見えになりまして・・・。金曜からお客さま続きの我が家です。昨晩とはコンセプトが大きく違いますので、大皿でドン!!というお料理を作りました。こんな風に大きく大胆に作るお料理も大好きです。人が寄ってくださるということは幸せなことですね。

お花は昨晩にKazukoさんがお持ちくださった春のお花寄せ。私の大好きな風合いです。