<<< Return


2008年5月26日(月)

今日のレッスン、腰を少しかばいながらでしたが、さほどの痛みもなく、ゆったりゆったり流れる時間の中で終わりました。先週の木曜にエクササイズをしたパシフィック。ベリーのほんのり甘さと酸味、シトロンの爽やかな酸味・・・、私の好きなお菓子の一つです。

今日は夫のBirthday。お互いの仕事が終わって、寿々喜さんにうかがいました。季節とその素材を大切にされるお料理を一つずつ、美味しいお酒と一緒にいただく時間は、ホント、とっても幸せ。 


2008年5月25日(日)

久しぶりの日曜のレッスン。シューを数種類作りました。シューはいろいろな顔を持ち、ヴァラエティーに富んでおりますので、仕立てることもまた楽しくあります。サッ、気持を切り替えて、明日はシャルロット・パシフィックのレッスンです。

昨晩、イル・カスターニョにうかがいました。昨晩もシェフのお料理を、どれも美味しくいただきました。お料理ってアートだなぁ・・・、と思います。それは目に映るお皿の上の世界というだけではなく、パレットの上で好きな色を創りだすように、幾つかの素材を一つのお料理に仕立てていく・・・。やはり 一つの芸術だとわたしは思います。以前に友人が「ベーキングはサイエンスよ!」とよくおっしゃっていたことを覚えています。形のないもの(例えば、お粉やお砂糖、卵など・・・etc.)が集まり、一つのお菓子を作っていくわけですから、サイエンスとも言えるのかもしれません。何はともあれ、お料理もお菓子作りも、ホント・・・・とっても楽しい!!

 


2008年5月24日(土)

「The Bucket List : 最高の人生の見つけ方」という映画を観ました。余命6ヶ月と宣告された二人の男性が、死を前にやりたいこと 、やりたかったことをリストアップし、1つ1つ体験していく、そしてそこからまたさらに友情が芽生え、愛情を確認するというようなストーリー。シンプルなお話しでしたが、私自身がこれから先にどんな風にありたいの か・・、というヒントに出会えたような映画でした。

昨晩も一人の夜。静岡に「Sagafusa」さんひというフレンチレストランがあります。Nagafusaさんの旬の食材と美味しいワインをお出し下さる「La Cave」という 、ちょっとプライベートを感じさせるお店にお友だちのKazukoさんとでかけました。お互いにパートナーが忙しく二人で、ゆっくりゆっくりお食事とワインをいただきながらの週末の夜。なんてステキな時間でしょう・・・。

自転車のアクシデントから6日めです。まだまだ腰の痛みが有りますが、でもゆっくりゆっくりと歩いたりする事は可能です。爽やかな季節ですもの。無理のない中でのお散歩がとても心地よく感じます。

皆さんにいっぱいご心配をおかけしてしまいました上に、今週の目黒のお稽古、ほんとうにごめんなさい。また、日を改めましてお稽古させていただきます。シークワサーのムース、ほんのりほろ苦くて私、大好きですので・・・。

 


2008年5月22日(木)

久しぶりにシャルロット・パシフィックを仕立てました。オリジナルはロンドンの学校の頃にお習いしたものです。シトロンのムースといちごのムースの2層仕立てです。この季節にはとても美味しいお菓子です。次週の月曜はこのお菓子のレッスンをいたします。

 


 

 

2008年5月21日(水)

 一昨日のこと、歩道を歩いておりました私。大好きな蓮の花が目に映り、心はすっかりと魅せられておりました(今、思いますと、きっとそうなのでしょう・・・)。腰から背中に突然、衝撃を感じました。自転車の高校生が私の後ろからぶつかってきたんです。なんと耳にはイヤホーン、左手に携帯電話。情けなくも私、腰と左肩、左のふくらはぎを痛めてしまったようです。

今日は私のAnniversary、夫はコペンハーゲンに出張中。一人で寂しく過ごすのかしら?と思っておりましたところ、従姉妹が一緒の時間を過ごしてくれました。一人の時間も好きですけれど、でもAnniversaryに一人は寂しくあります。鷹匠の「寿々き」さんで、ゆっくりとお食事をいたしました。とても美味しいお料理とお酒、そして久しぶりに従姉妹と過ごすステキな夜でした。


 

2008年5月17日(土)

  和食でのおもてなしのお食事会が終わりました。お食事は温かいものは温かく、冷たくいただくものは冷たく、そして常温のもの、と温度も大切なことと考えますので、スマートにお出しすることに心を遣います。楽しいお話しに助けていただき、ステキな夜の時間を過ごしました。 

お花は大好きな芍薬を小さく生けました。


 

2008年5月16日(金)

  明日はお客さま。和のお酒のお好きな方をお迎えしますので、和のテイストのお献立を考えてはみたのですが、あまりお得意ではなく・・・、でも私の出来るおもてなしで許していただきましょ、と(チョッピリ開き直り・・?)心して。

明日も楽しい予感でいっぱいです。

写真は今月のデモンストレーションメニューにと仕立てましたリンツァートルテ。生地を休ませることなく型に敷き込み市販のコンフィチュールと焼き上げるだけ。トップの絞りに桜の口金を使いまして・・・、焼成前は最高にキュートなシェイプをしておりました。ところが焼成後の膨らみを考えずに絞ってしまったために、キュッキュとタイトに詰まってしまい、何かしら・・?というような完成でございました。


 

 

2008年5月14日(水)

  ようやくかたちになってまいりました。アーモンドの風味豊かなジェノワーズを三層に仕立て、オレンジサンギーヌ:ブラッドオレンジのバヴァロア、シークワサーのムース。 あとは酸味のバランスを調整いたします。  

 


2008年5月12日(月)

       
引き続き試作中のお菓子ですが、今日はシャルロット風に仕立ててみました。シークワサーのムースは私といたしましては好きなテイストに仕上がったのでは、と思うのですが、やはり酸味を感じますので、相性のよいものと合わせて、より一層その酸味を美味しくいただくことが出来るようにと思いまして、今日はベリーのコンポートをしのばせたフロマージュブランのバヴァロアを合わせてみました。ビスキュイはトップ部分を絞るようなスタイルで、かなり大きめに絞りました。フロマージュのムース+ベリーのコンポート、シークワーのムース+日向夏とシンプルに仕立てました。お味のバランスは明日にもう一度チェックいたします。

もう一つ、イメージ描いておりますのは、パイナップル。明日はこちらのイメージを形にしてみます。

サッ、今日は早めに休みます。
 


 

2008年5月10日(土)

       
シークワサーを使ってシトラス系のお菓子を仕立ててみました。口溶け良く、夏には美味しいお菓子ではないかしら?とも思います。でも、昨年のシトロンと大きな変化がないようにも思い・・・、頭の中が思いっきり柑橘状態です。

 

旅の途中からUp出来ずにおりました私のWeb。ようやく復活です。
 


 

2008年5月8日(木)

       
今日から東京です。明日はベーシッククラスの方々のプランタニエのレッスンです。久しぶりのプランタニエ、フロマージュのバヴァロアと酸味豊かなベリーの相性が大好きなお菓子の一つです。

綺麗なデコレーションに仕上がらなかったのですが、少し趣きを変えてエクササイズのプランタニエ。
 


 

 

2008年5月6日(火)

ゴールデンウィークの最後の日、来週よりしばらくお休みとなります「すぎもと」さんへうかがいました。夫は明日の早朝から中国へ出かけますので、今日はフルボトルは控えて、グラスで少しずつ。今日も旬の美味しいお料理の数々。彼のお料理には、いつもいつも感動を覚えます。今日のメインはキジ。ジビエは大好きですので、他でもよくよくいただきますが、お料理の仕方によっては、「ゥン・・・?」ということが有ります。でも、すぎもとさんは私たちに美味しくいただける最高のお料理にしていつもお出し下さいます。しばらくお休み、リニューアルしたすぎもとさんのOpenが、また待ち遠しくもあります。

旅の途中に文旦をいただきまして、たいへん気になっております。以前から優しいお味が好きな日向夏と合わせて、美味しいお菓子へと・・・、まだまだ試作中。


 

 

2008年5月4日(日)    


昼頃に、友人宅を後にしまして、もう一度京都に寄り、美味しい食材を求め岐路につきました。渋滞の覚悟をしておりましたが、ほぼ順調に走りまして(私の運転ではありませんが)3時間半ほどで静岡に着きました。
9日間の食の旅が終わりました。
 

讃岐から岡山への移動前に、金比羅さまにお参りに出かけました。御本宮 まで785段の階段を上り、こんじきのお守りをいただきました。ささやかな幸せに包まれますように・・・。

写真は心に残る夕日の瀬戸内海。


 

 

2008年5月3日(土)       

当初、今日に静岡に戻る予定をしておりました。急に思い立った旅、この週末は4連休となり、滞在のホテルのお部屋が取れませんでしたので。夫の学生時代からの友人が京都市内から南に車で40分ほどの京田辺市にお住まいです。どこかでお食事でもご一緒に、と思っておりましたところ、そちらにお泊まりさせていただくことになりまして、1日の延泊となりました。土曜のお昼はご家族と京都でフレンチをいただき、夕刻 からお宅へうかがいました。もうずいぶん前のことになりますが、私たちがロンドンに滞在の頃に、ご家族でお見えになられています。その頃の写真を拝見しては懐かしく思い、奥さまのRさんとはアンティーク、雑貨、器、お菓子のお話しなど・・・、好きなことに共通点が多く、話しが尽きません。そして、お 夕食をご家族で作ってくださったのです。なんてステキな・・・ほんわかと温かな優しさに包まれまして。シャンパンにワイン・・・、ホロホロと私だけ睡魔に襲われておりまして、受験生の息子さんがお帰りになるころにはすっかり夢の中でした。

お菓子続きですが、今回の洋菓子は小林かなえさんのパティスリーとグルニエ・ドールにうかがいました。かなえさんのお店は、パリのお店がそのまま、そこに有るようなステキな佇まいでした。グルニエ・ドールはいつものことですが、お客さまでいっぱいです。近々、リニューアルされるとおっしゃっておりました。西も東もお菓子屋さんは元気がありますね!!

京都でいつも求めるものの一つにお薬味があります。「一味は七味屋さん、七味はぢんとらさん、黒七味は原了郭さん」、と先日のおそばやさんのご主人がお好きなお薬味とおっしゃっておりました。


 

 

2008年5月2日(金)       

昨日から引き続き・・・、朝から和菓子屋さん巡りです。出町ふたばさんのお大福(名代豆餅、丹波黒豆大福、田舎大福の3種をいただきました)に加茂みたらし茶屋のみたらし団子、鍵善良房でくずきりをいただき、境町の和久傳さんののCafe、植村義次さんの洲濱に、松屋常磐の紫野味噌松風、下河原阿月 さんの三笠と最中、お店ではクリームあんみつに冷やし亀山をいただきまして、麩嘉さんではお麩は勿論、麩饅頭もいただいて。お気に入りのお店には2回も3回もうかがいます。美味しいものは美味しい時にいただきたいですものね。予約必須のお菓子も大好きですが、阿月さんの三笠や、ふたばさんのお大福は、思わず顔がほころぶ美味しさです。

午後の遅い時間からは少しお腹を休めます。お気に入りの「魚津屋」さん。今日はカウンターに、二つだけのお箸置きとお箸。春の恵みの豊かさ。野菜に魚、美味しいものを最高に美味しくいただくお料理の数々を、一つひとつお出し下さいます。4人でお話しをしながらの幸せなお食事でした。すぐそこに立夏を迎えます。夏の頃には鱧をいただきに、またうかがいたいと心密かに思う私でございました。


 

 

2008年5月1日(木)       

車で京都を訪れるのは久しぶりのことです。電車の時には京都駅周辺のホテルに滞在しておりましたが、今回はよほど遠くない限りは歩くことが出来る市役所の近くに滞在です。京都では美味しいお料理は勿論ですが、和菓子をいただくことが楽しみの一つでもあります。お昼に祇園、花見小路の京懐石「松むろ」さんへ。一つずつ設えてくださるお料理。たいへん美味しゅうございました。

久しぶりの祇園です。桜の頃は多くの人々が歩かれただろう白川沿い。風情豊かなこの辺りは石畳の道に紅殻格子の町家が並びます。今の季節は散歩にも最高の時です。舞妓さんも時折見かけます。ここは京都の中でも最も京都を感じる所のように思います。

夜のお食事におばんざいのお店「ますだ」さんにうかがいました。2人では予約はとって下さらないとのことでしたが、運良く2席だけ空いているカウンター席がありまして。お料理にもお酒にもとても満足の・・・、また関東からお見えになられているご夫妻が「琵琶をさがしているんです・・・」とご主人に問いかけますと、どこからともなく応える方がいらっしゃいまして、なんとも温かな雰囲気に包まれた夜でした。