<2004>   Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec.
<2005> Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec.
<2006> Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec.
<2007> Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec.
<2008> Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec.
<2009> Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec.

 

  

 

 

 

2009年1月19日(月)

いつまで続きましょうか・・?ドキドキ不安ですが

Amebaに少し浮気いたします。http://ameblo.jp/lulufrenchkiss/

でも、こちらのDiaryも綴ってまいります。

 


 

  

 

 

 

2009年1月15日(木)

フード・ソムリエというお料理のサイトに料理家として紹介いただいております。

今日はNew Yearのアペリティフ・パーティーにおうかがいいたしました。

会場は田園調布の閑静な住宅街にある上野万梨子さんの食のギャラリー・リブレ

です。はじめてお目にかかる方々ばかりですが、皆さんがお料理に携わっていらっしゃ

る方々、食を通してのステキな出会いとステキな時間です。

またひとつ刺激をいただいて、小さなイメージが膨らんでいます。

大切に育んでまいりたいと思います。


 

  

 

 

2009年1月14日(水)

築地マーケット・ツアーに出かけました。

大のお気に入りにランクインもあれば、

ン・・・?これはどうかな・・・?というお買い物もあり。

でも、とても楽しい時間です。

今日のお夕食は、ほとんど手を加えない食材がテーブルに並びました。

 

フ〜〜ッ、と落ち着いた夕刻。紅茶を片手に窓際に立ちますと綺麗なゆうやけが目

に飛び込んできました。遠くに富士山を望みます。

 

 


 

  

 

 

2009年1月13日(火)

今月の静岡のレッスンのお菓子ができました。

少し早いけれどヴァレンタイン用に・・・。

さくさくと、フィユタージュベースにディプロマート、たっぷりのルージュを散りばめました。

 

 


 

  

 

 2009年1月12日(月)

代官山のEatalyに、林茂氏コーディネートのお食事会にうかがいました。

私たちの大好きなピエモンテ料理とワインのテイスティングメニューです。

林茂氏の著書はイタリアワインが大好きになった10数年前から拝読しておりますので、と

ても楽しみにまいりました。お料理と5種類のワイン、どれもがとても素晴らしく美味しい

テイスティング。林氏のお話も交えてのとても豊かな夜を過ごしました。

Eatayはワインバー、レストラン、マーケット、多種レクチャー・・・と、まるでそこだけ

イタリアンな空間です。

 


 

   

 2009年1月9日(金)

グリーンの野菜を使って一口サイズのマフィンを試作中

今日は5種類をいろいろと試してみて、最終チェックです。

バターベース、オイルベース、甘味料にグラニュー糖、ブラウンシュガー、はちみつ・・・など幾つものバリエーションが浮かんできます。

最終的に、私がついつい手を伸ばしてしまうスタイルを今月のレッスンのセカンドメニューにいたします。

簡単ですけれど・・・、ヘルシーで美味しいマフィンの出来上がり!!

写真:今日はシトシトと・・・、雨模様で上手く撮れません。明日に撮り直します。

 


 

   

 2009年1月8日(木)

時間が・・・・早く流れます。私の中の時間より早くって追いつきません。

昨日に触れたことなのですが、豊洲のお部屋が落ち着くまでレッスンの再開を見合わせていたら、きっとまた新しい年を迎えることになってしまいそうですので、お部屋が変わっていく過程を皆さんに見ていただくのも、楽しいかしら・・?なんて勝手に楽しく思い、今月よりこちらのクラスも再スタートすることといたしました。でも、インフォーメーションは継続して来てくだ去っている方にだけお送りしますので、小さな会となりそうです。

お菓子は先月の静岡で行った紅茶のガトウを少しアレンジして、今日最終チェックをしました。デモンストレーションメニューは明日頃にUpいたします。お野菜の焼き菓子を考えています。静岡のレッスン内容は、もうチョット待ってください。フィユタージュをベースにこちらも最終チェック中です。

何度お話ししたことでしょう・・・・、お茶周りのレッスンをと考えています!と・・・・。私自身の中で少しずつライフスタイルも落ち着いてまいりました。この春にはスタートできるかしら?なんて思っております。


 

   

 2009年1月7日(水)

 

昨日焼いたガレット・デ・ロワを写真スタイリングの課題のテーマとしてセッティングしてみました。色合いと質感を揃えて・・・、フェーブも少し添えて。でも、これでいいのかしら・・?ちょっぴり不安なんです。

今月から東京のお菓子のレッスンを再開いたします。

明日にWebにUpいたします。


 

   

 2009年1月6日(火)

 1月6日、今年もガレット・デ・ロワを焼きました。

 ガレット・デ・ロワ http://www.galettedesrois.org/

 


 

  

    

 2009年1月5日(月)

今日はランチの会を挟んでの、窪田先生のスタイリング講座も今日で5回目。

 

今、思うこと・・・。

今までの私のテイストにはなかったもの、例えば可愛いものに、チョット意識してみる。

自分らしさを、きちんと見つめ直してみる、するとより一層に私自身の好きなものが見え

てくるような気がします。

そして、出会い・・・。ステキなステキな出会いがいっぱいです。

 


 

   

 2009年1月4日(日)

 元旦からの三日間・・・静岡の我が家はお客さまが続きました。

連夜、日付が変わるまで、友人達とのホットな時間。

今年の私の初おもてなしは・・・、無理なく、でも私らしくを大切に(実はちょっぴり手抜き

料理に反省!)

今年もステキな出会いの予感を感じます。

写真:美味しくなってまいりました、私のリモンチェロ!!

 


  

    

 

2008年12月31日(水)  〜  2009年1月1日(木)

 静岡ベースの生活から東京ベースの生活に変わり、年末の豊洲へのお引っ越しと大きく変動の一年ではありましたが、私自身はのんびりのんびりと、お仕事もご依頼をいただいた時だけ、たっぷりの自由な時の中で、時間を追うことなく過ごすステキな一年でした。皆さんから溢れるほどの幸せをいただきました。心より感謝して・・・

  Good Bye 2008 〜 Hello!! 2009 

 新年明けましておめでとうございます。今年は少し元気に動こうと思っております。私自身の中で、幾つかのイメージがふくらみ始めているものがあります。 のんびりと過ごすことも人生の中では大切な時、でも今年は少し元気に・・・、無理をせず。

     どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。


  

    

 

2008年12月24日(水)

 イブの今日、まだまだお片づけが整わない我が家ですが

楽しい楽しいお客さま、ママ達と私の仲良しキッズ達。

いっぱいお話しをして笑って、遊んで・・・、ステキなクリスマスの日です。

そろそろ夫が戻ります。イブの夜は夫と2人、夜景を見ながらのんびり過ごします。


  

    

 

2008年12月21(日)

涙型のこのシェイプが、なんとも可愛らしくお気に入りのティンを使って

大好きなベリーのガトウを仕立てました。

 


  

    

 

2008年12月18(木)

一昨日のレッスンのデモンストレーションメニュー。

もう、美味しいイチゴがいっぱい並んでいます。こんなに簡単、でもデセールにも美味しい

ベリーのムースは我が家の定番です。


  

    

  

 

2008年12月16日(火)

昨日、車で静岡に戻りました。

今日は静岡でレッスン。2週間ほど家を空けておりますので、お掃除から入るのですが、手際は悪いし、チョット一服(って、お茶ですが・・・)なんて思っていると、アットいう間に時間は流れてしまいます。やらなくちゃいけないことがいっぱいなのに、ワインでもいただきながら、チョット横になったら・・・朝!!でした。

ドーム型に何体か仕立てておりましたノエルが、どうしても気に入らず・・・、先週に横田シェフに教えていただいたお菓子から、少しヒントをいただいて、ここ数日試しておりました。夫の「いいんじゃない・・・!?」の一言が私にはとても大切なGo!!サイン

レッスンの中で感じることのひとつに出会いがあります。それは私が皆さんとお会いできることは勿論のことですが、生徒さん達の中での出会いがとてもステキなんです。微笑ましく見ています。幸せだな、と感じる時でもあります。

今日は、お片づけが終わって、友人のKazukoさんとお待ち合わせのLa Caveさんへ直行。美味しい美味しいアコヤ貝をシェフがフレンチに仕立ててくださっています。シャンパーニュ、白、赤・・・、時間をかけてゆっくりといただきながらの夜。2週間後には新しい年を迎えます。時間の流れがはやいなぁ・・・。

写真:同じようなお菓子に見えますね!?バックのシチュエーションも同じ!!でも、ひとつはオペラ風にレイヤーに、もう一つはビッシュ・ド・ノエル風に仕立てました。生徒さんにはご自分のスタイルで仕立てていただきました。でも、結局、みんな同じ 感じかな!?


  

    

  

2008年12月14日(日)

ロンドンでお世話になったファミリーのパーティーにお招きいただきました。

いつもいつも美味しくて、魅力的なおもてなしでお迎え下さいます。

今日のメインゲストは英国人のご夫妻。私も久しぶりにお会いして、ゆっくりとお話しをして、とてもステキな時間をご一緒させていただきました。

ちょっぴりリクエストをいただいて、今日はマロンのビッシュ・ド・ノエルを作りお持ちしました。奥さまのお料理の最後に、ちょっぴり色褪せて見えてしまうかもしれないけれど・・・、そこはご愛敬。

私もこんな風に、おもてなし術を磨いてまいりたいと、帰りの電車の中で心に思いながら、ウトウトと・・・、心地よい時間が流れてまいりました。 微酔い加減の電車って気持ちいいのよね!

 


  

    

  

2008年12月11日(金)

昨日とほとんど同じに見えるのですが・・・、でも少しアレンジをしてみたんです。

でもでも・・・、まだバランスが悪く、いただいた後に笑顔が出ません。

もう少し試作・・・、どんな風にしようかしら!?

 


       

      

  

2008年12月10日(木)

ようやく形になってきた2008年 NOEL

ショコラ・ジェノワーズ、クレーム・ショコラ、そしてマロンで仕立てました・・・・。

パーツ、パーツは美味しいと思うのですが、でも・・・、何かバランスがよくありません。

もう少し、試してみます。


             

              

2008年12月09日(火)

 

Mikimoto Academyのレッスン、横田シェフのビッシュ・ド・ノエルです。

昨日、Minakoさんと今のお気に入りのお菓子の話しをいたしました・・・。う〜〜〜ん、

大好きなシェフのお菓子はいっぱいあるけれど、10月、11月、そして今日と横田シェフ

のお菓子をいただいて、やっぱりシェフの優しいお味のお菓子が私は好き!!キラキラと

美しく宝石のようなお菓子もステキ・・・、でもシンプルな中にシェフの優しさがほんのりと

感じられる、お味は勿論!!そんなお菓子がすきです。


             

 

              

  

  

2008年12月08日(月)

 

写真スタイリングのレッスン4回目の今日。なんてキュートなんでしょう・・・!?

私はものを選ぶ時に、どちらかというと落ち着いた色におちついてしまう。キットそれは色あわせが容易だし安心だからなのだと思います。

私自身の目に映るもの・・・、私のライフスタイルにも大きな刺激を受けているよう泣きがします。

 

今日は、Santa Maria Novellaで久しぶりに松本のMinakoさんとお待ち合わせ。久しぶりの再会です。Minakoさんは松本で、とってもステキなお菓子の教室をお持ちです。私ののんびりのんびりスタイルとは大きく違って、Minakoさんはアクティブで生徒さんのことをハートいっぱいに愛されていて、そしてお菓子が大好き!!私がアメリカから帰国する少し前にNYを2人でお菓子を求めて歩いた懐かしい想い出が、心いっぱいに甦ってきました。その後にラデュレに移って、共通の友人のMayumiさんがJoinされて・・・。不思議ね、お店がフレンチになると、お話しもフランスのお話しになってしまう(チョット、韓国話題も出たけれど・・・)

12月の午後のとてもステキなひとときでした。


           

         

  

2008年12月06日(土)

昨晩・・・、東京から静岡に戻り鷹匠にあるLa Caveにうかがいました。ワインとお食事のマリアージュというコンセプトをもとに、シェフが美味しいお料理とワインをアレンジしてくださいます。

今回のテーマはアルザス。私の中でのアルザスはリースリングやフルーティーでマスカットを感じさせるミュスカなど・・・。まだまだ知らないことがいっぱい!!

今日のシェフのお料理はオマール。ビスクにはじまりポアレ、そして今日は美味しいエゾシカが入ったと、ステーキに仕立ててくださいました。ステーキにはボルドーを合わせて。

シェフとマダムのお人柄にも惹かれて、微酔い・・・豊かな夜を過ごしました。


           

         

  

2008年12月05日(金)

写真スタイリングのもう一つの課題は壁をバックに撮ると言うことでした。レッスンの中で先生にきちんと教えていただいていたはずなのに、やっぱり私はチョット、おボケのようで、そのコンセプトをきちんと理解できていなかったように思います。

          

Santaのオーナメントとキャンドル。左が一度目の写真、右が先生からOkをいただいたもの、確かに比べてみますと訴えるものが伝わってくるような・・・、臨場感とまでは言えませんが、そんな風に思います。

お菓子を撮る時に、どんな風に表現できるかしら・・?

そう・・・、そのお菓子ですが、ようやく今、 2008年Noelを試作中!!  

私はとても大切なことをお話ししておりませんでした。写真スタイリングは窪田千紘さんに教えていただいています。ほんわかとフワフワの時、キュッとお仕事の時と、何かその両方のお顔が見えます。そして、どんなコメントの中にも窪田さんの優しさをうかがうことができます。半年という短い期間ですが、ステキな出会いと時間の予感がいっぱいです。

 


           

         

  

2008年12月04日(木)

写真スタイリングのレッスンの中で、教えていただいたことを実践するという課題があります。11月の課題を先日のレッスンの中で提出・・・、

という今回の課題のひとつはクリスマス。

どんな風にイメージしようかしら?と思いながら、先週火曜の赤井勝さんのレッスンのお花とほんのりグリーンシャドーエッジのチャイナで小さなお茶会をイメージしてみました。提出の前に先生が添削をしてくださり、いただいたアドヴァイスをもとに手直ししてまいります。  〜〜〜左の写真から少しずつ〜〜〜最後の写真が私が最終的に提出したものなのですが、実は2回目のスタイリングのテーブルの向こうに茶器の存在が見えてくればよかったんです。でも、チャンと先生のアドヴァイスを読みとれなかった私はテーブルの向こうの存在ばかり気にしてしまったの。先生ごめんなさい!!

難しいけれど、でもとってもエキサイティングな時間。ご一緒しているメンバーの方々のお写真も少しずつご紹介させていただきたいと思います。 

        

 インターネットがようやく繋がりました。お引っ越し後の1週間、PCを持ってアチコチ出没しておりまして、たぶん危ない人に映っていたであろうと思います。


 

        

       

2008年12月02日(火)

ご縁をいただいて、ワインのクラスに出かけてまいりました。先生はとてもステキなステキな女性です。今日のテーマはスパークリング。イタリア、スペイン、そしてフランスのシャンパーニュが2種類。

時々感じることなのですが、ワインって紅茶と似ているなぁ!!土壌、天候に大きく影響を受け、そして作り手・・・と、どちらもその一杯の中に込められています。

大好きだから、好きだからそれでOk!といただく私ですが、今日はその製法をきちんと解って、丁寧に作られたワインをより一層大切に感じながらいただきました。  

写真:2年とチョットの住まいだった目黒のお部屋。小さいけれど、大好きでした。                


        

       

2008年12月01日(月)

新しい住まいに移って5日が過ぎました。全てが取りあえずのもので生活をしています。

写真スタイリングのレッスン3回目の今日。

数多く存在するスタイル。例えばアンティーク風であり、モダン風であり、クラシカル風であり・・・、その中にもまた○○アンティークと枝分かれして。私の静岡の家は英国風でありたいと思いながらも、なかなか統一することは難しい。でも、やはりそのスタイルは揃えてあげる方が一体感が産まれてステキだし、方向性をつかむことができますもの。少しずつ理想に近づけてあげたいなぁ・・・、と思います。そう、そのスタイルですが目黒から豊洲にお引っ越しをしてきて、まだ泥棒入居後の部屋の中の真ん中に立ち、どんな風にお部屋を作ろうかしら?と思うも、私の中にイメージが産まれません。集合住宅であり、すご〜くお洒落なお部屋ではなく・・・。夫と私の描くリビングでのくつろぐスタイルに少し時差があります。彼の時間も大切にしなくちゃいけないと思います。少しずつイメージを膨らませてひとつずつ・・・。

                           

                           写真は今日の写真スタイリング

                          


          

2008年11月24日(火)

この三連休・・・、お引っ越しなんです。

紅葉散策が恋しいのに・・・。

                          


          

2008年11月18日(火)

もう何年前になるのでしょう・・?訪れた国、Sri-Lanka:光り輝く島

上野の国立博物館で行われているSri-Lanka展に出かけてまいりました。今回の展覧会は2000年以上の長い歴史の中に、この国を紹介しています。仏像、芸術品、そしてあまりにも美しい宝飾品達の数々・・・。私の中でのSri-Lankaは紅茶と宝石、そして温かな人々と ・・・象!と、今までは紅茶を通しての歴史しか知らなかったように思います。歴史を知ることから、私は長い長い歴史のこの国をよりいっそう恋しく思います。

残念ながら展覧会では紅茶にはほとんど触れておりませんでした。

美味しい紅茶の季節。博物館を後にして、紅葉の中うさぎやさんまでのんびりと歩き大好きなどら焼きを求め自宅にもどりました。ゆっくりと時間をかけて美味しいお茶を淹れました。和菓子にあう紅茶のペアリングも大好きです。

心あったかな秋の一日!!

                          


          

    

2008年11月17日(月)

 2回目の写真&スタイリングのクラスです。いっぱい書きたいことがあるのですが、

 眠くって・・・。また明日に!

                          


                  

2008年11月16日(日) 

来週の三連休にお引っ越しをします。大きな引越ではないのですが、チョット目先の変わったものが見たくって、久しぶりにIKEAにでかけました。私はIKEAに行くと必ずアレ ジーが始まってしまいます。夫がDIYをはじめると必ずクシュン、クシュンとくしゃみがでます。木に反応しているのでしょうか?接着剤に反応しているのでしょうか・・・?でも、今はもう平気!!

アングル的にもお色的にも、ごめんなさい!!の写真ですが、表参道のNapuleのピッツァです。シェフ、今年もWolrd Pizza Cup 、2部門でアワードを取られたようですね。ピッツァ、美味しかったです。

チョット、前のお話しですが月曜に静岡の友人と目黒のお部屋からすぐ近くにあるトラットリオ「Lanterna Magica」でお食事をしました。ちょうどイタリアからポルチーニが届いたということで、軽くソテーをしてくださったの・・・、まぁ!!!その美味しいこと、美味しいこと。毎年、この季節にアルバへ出かけるのが我が家の秋の楽しみなのですが、今年は夫の仕事の都合で出かけることができません。とても寂しいけれど、でもこちらのお料理をいただいて・・・、そぅ、目を閉じて大好きなアルバを思い浮かべています。 わたくし、「Lanterna Magica」大好きです!!

 


    

2008年11月13日(木) 

今日はお食事会。以前におうかがいしてからお気に入りのお店、白金のLa cherir(ラシェリール)です。

アボガドムースとエビのアミューズに始まり、ツブ貝のソテーと合わせて彩り野菜のグレッグ、優しいお味です。 そして海の恵みのスープはロブスタービスクを思い出させる味も香りも豊かなスープです。メインに私が選んだのはお魚、タラのポワレと白子のフリット、そして写真のエスプレッソのジュレとキャラメルアイスクリームと続きます。どのお皿も、ほんとうにとっても優しい!!そして、美味しい!!今思いだしてみても美味しさが口に広がるようです。

一昨日のことですが、仕事終わりの夫と待ち合わせて、日本橋室町の「はやし」さんにうかがいました。我が家の大好きなてんぷらやさんです。秋の美味しい素材を大切にひとつひとつ目の前でご主人が揚げてくださいます。お腹いっぱい、幸せな時間です。

 


    

2008年11月11日(火) 

ミキモトアカデミーの横田シェフのレッスンにうかがいました。和栗とパンプキン、2種の

モンブランです。和栗は私の大好きなパータ・フィロベース、ダマンドで焼き上げてシャ

ンティイ、そして和栗のクリーム仕立てです。先月と今月の私のクラスではシュクレベ

ースに渋皮煮、2種のマロンペーストを入れたマロンクリームで焼き上げて、トップは

和栗のクリーム仕立てです。構成としては似ていますが、横田シェフの今日のモンブ

ランはフィロのサクサク感がとっても印象的で、栗の美味しさを最大に生かしたモンブ

ラン。パンプキンはもっともっと衝撃的です。ベースにガレット・ブルトンヌ、黒豆甘納

豆を入れたガナッシュ、シャンティイにパンプキンクリーム(バター、ホワイトチョコレート

にパティシエールクリーム入り!)仕立てです。いただくまではどんな風にお味が口に

ひろがっていくのかしら?とドキドキ・・・、こちらもとても美味しい秋のお菓子でした。


    

 

2008年11月10日(月) 

週末を静岡で過ごしました。秋の美味しい味覚をいっぱいに堪能して、東京へ戻りました。

ずっと学んでみたいと思っておりました写真。ただ写真を撮るということだけではなく、構成、アングル、光りのことなどを含み、トータルでのコーディネートとスタイリングを・・・、と。そして半年ほど前から、この方に教えていただきたいと思い描いていたレッスンが今日スタートいたしました。目から鱗・・・、ってこういうことなんですね。小さなキャパしか持たない私の頭には入りきれないほどの法則達。今日、プラクティスで撮った数枚の写真。私・・・あまり上手に撮れませんでした。でも、ひとつずつとゆっくりと温めながら学んでまいります。 

                       

 


2008年11月6日(木) 

ハロウィンの日に仕立てましたカボチャのマフィン。夫がカボチャを餡に仕立ててマフィンにいれこんでみたらどう・・?と言います。ウ〜〜〜ン、難しいけれど、でも美味しそう。

まだまだ試作中!!


2008年11月4日(火) 

街の洋食屋さん、和菓子屋さんめぐりの三連休。まぁ、よく毎日こんなにも!?というほど、お腹をすくのを待ってお昼からワインにビールをいただきながら食三昧の三連休を過ごしました。お腹周りがホント・・・危なくなってまいりました。

先週、今日とカルトナージュのレッスンにおうかがいしました。蓋付きのボックスとパスケース。国府田先生のお選びになるお色と絵柄のテイストはホント、大好きです。

しかし・・・私、ほんとうにブキッチョです。


2008年11月1日(土) 

今日は大好きな紅茶の日。

今から200年以上も前のこと、伊勢の国の船主、大黒屋光太夫がロシアに漂着、10年もの間、日本へ帰国することができなかったのです。その滞在期間に彼はロシアの上流社会にてお茶会に招かれたりしていました。そして、1791年の11月1日に女帝エカテリーナ2世の茶会にも招かれ、正式の茶会で紅茶を飲んだ最初の人として、日本紅茶協会が1983年に11月1日、この日を「紅茶の日」と定めたと言われています。

写真の紅茶のティン。ロンドンのRieさんからお送りいただいた日本まだ未発売のNewbyのAssamです。ゴールデンティップも入って、グッとしっかりとした色とお味です。今日は大好きなミントンでいただきました。私は秋の頃から冬にいただく紅茶が大好きです。


 

 

2008年10月31日(金)

Halloween チョットお買い物に外へでました。私のお部屋は目の前に駅・・・、とても便利なロケーションなんです。駅の目の前の信号の向こうにハロウィンのコスチュームのオンパレード。ハロウィン・・・、日本もこんなにポピュラーだったんですね。

そんな私も今日はカボチャのお菓子をふた品。簡単、簡単仕立てのスコンとマフィンです。ほっこりカボチャは蒸して粗めに潰して、素材をたいせつにいたしました。とても美味しいなぁ・・・、懐かしいホッとするお味です。


2008年10月30日(木)

写真の美しいデセール。恵比寿のモナリサです。温かい栗のとろけるタルト、そしてパータフィロのカリカリっと、サクサク感を大切に仕立てたカボチャのデセール、ソースのグリーンはカボチャの皮も加えてピュレにされているようです。プレートは美しさも大切なアイテムのひとつ、心から美味しい!!と思えるデセールに出会いました。

今日は京都のお友だちとご一緒いたしました。フラワーアーティストのMさん。Mさんのお花、私のお菓子とお茶。ホンの少し目指しているものは違いますが、美しいもの、美味しいものに対する情熱は、とても近いものを持っているように思います。

ゆっくりとお食事をして、お店巡りをの秋のステキな一日!!


2008年10月29日(水)

グリーンのレモンを使ってトライフル。レモン風味のパティシエール、レモンカードとグリーンレモンづくしです。ほんのりと感じる酸味は私の大好きなテイスト!!

そして今日はもう一つ、リモンチェロを仕立てました。まだ漬け込んで半日ですが、ほんのり綺麗なグリーン色のウォッカに染まっています。なんて綺麗な色でしょう。


2008年10月26日(日)   Vol.2

今日はイル・カスターニョに出かけました。イル・カスターニョのシェフ達がイタリアへ出かける前日にうかがって以来ですからひと月もおうかがいしていませんでした(と言っても、最近はこれくらいのペースになってしまっています。ごめんなさい!!シェフ!)。先日、予約の電話を入れたときにシェフが私のDiaryを見てくださっており、Kazukoさんのお宅のレモンの木のお話しになりました。そして、シェフも数日前にこのレモンでレモンチェロをお作りになられていました。今日はそのレモンチェロもいただきました。ほんのり青い色と香り・・。私のレモンチェロはどんな風になっているのかしら・・?

そして、イタリアの香りがお店いっぱいにひろがる今日の(いつもですが・・・、)イル・カスターニョ。お店のYukaちゃんのイタリア滞在記やお写真を拝見しながら,,美味しいお料理、いっぱいいただきました。最近ドルチェを作られているShijyo君の新作ドルチェ。チョコレートのプディング、私の大好きなピエモンテでいただくボネのような、でもボネほどねっとりと甘くなく、とても美味しいプディングでした。Shijyo君は日々、ドルチェの研究をされていらっしゃるよう。そのお菓子に向き合う姿勢と情熱・・・、ヒシヒシと感じました。美味しかった!!


2008年10月26日(日)  Vol.1

静岡市の北部にずっと気になっていたミュージアム・カフェがあります。今日はゆっくりと起きあがり、ブランチに出かけました。南仏を思わせるようなクリームいろの建物、そして陽の光りを燦々と浴びるお庭にはハーブ達がいっぱいです。マントルピースがある何か温かなスペースのお店・・・、とてもステキな空間です。


 

2008年10月25日(土)  

久しぶり・・・・、の週末静岡のレッスンです。

マロンのタルトはフランスのマロンペースト2種をベースにマロンクリーム使って渋皮煮を入れて焼き込み、完全に熱の取れたタルトに和栗のペーストでデコレーション。美味しい栗のお菓子ができました(22日の写真にUp)。そして簡単簡単チュイルをデモンストレーションメニューで作りました。

あ〜〜〜〜、楽しかった!! 


 

2008年10月22日(水)  

夏の間、かなりのトーンダウンだった私。自分自身に何か変化がでてきました。いつもより少しだけアクティブです。

今日は仕事のお話しの打ち合わせに青山へ出かけました。半袖でもOkの気候。久しぶりにのんびりとお散歩をしながら雑貨やさん巡り・・・、大好きな季節です。


 

 

2008年10月21日(火)  

ミキモトアカデミーにて赤井勝さんのお花のレッスンを受けてまいりました。

ご自分を「花人」と称される赤井さんは、穏やかで温かく、お花を活けるその手もお人柄をそのまま映し出されているようなしなやかさ、そしてアーティスティック・・・。

いつもお話ししますが私はお花の心得がほとんどありません。秋色の花は同じイエローを基調としていても春の色とは違うよう。クリアではなく、すこしだけセピアを感じます。少しずつ私もお花と接していきたいと思います。

写真は赤井さんのお花。


2008年10月20日(月)  

毎日同じようなお菓子ばかり・・・、グラスに仕立ててみました。

今日、目黒駅にほど近いところにある「信濃や」さんというリカーショップでウォッカのお話しをいろいろとうかがいました。実はリモンチェロのことが一昨日から頭から離れません。私がベースにしたウォッカはアルコール度数が、なんと96%なんです。でもリモンチェロのアルコール度数は30数度だと思うのです。ウォッカにゼストを浸してしばらく置き、シロップを足すのですが、同割としても48%になります? 一般に酒屋さんで売られているウォッカですと40%程ですからシロップを足すと出来上がりのリモンチェロは20%程になります? 濃度の違いがあるのでそのままの計算でよいのかどうかわかりませんが、単純計算で・・・、そんなことを・・・、ずっと考えておりました。今日、先の信濃やさんでお話しした方が2種類のウォッカを使うことを勧めてくださいまして・・・。そうか〜〜!!それに気づいて、今日もまた漬け込んでみました。96%と40%を同割で68%、そしてシロップを足して34%・・・、ますます楽しみです!!

今日はレモンケーキ、マロンタルト、モンブラン・・・と、時間を忘れて試作中です!


 

 

2008年10月19日(日)  

秋に美味しいお菓子を仕立てております。生徒さんがご自宅でお一人でも簡単にできますように、とシンプルなお菓子を・・・。写真の和三盆のモンブランロール、モンブランの口金ではなく星口金でパイピング いたしました。モンブランらしくないかしら?でも、比較的綺麗に仕上がりますの。テクニックのお勉強も大切ですが、 簡単に、でも綺麗に仕立てることができましたら、それはそれでステキなことではないかしら?

銀座の御蔵さんでお食事をしてまいりました。京都「菊之井」の村田吉弘氏監修のお店です。先週は京都で過ごし、今日は東京で秋の味覚を味わっています。何か不思議な感じ・・・。秋のお野菜達をいっぱいいただきました。


 

 

2008年10月18日(土)  

昨日、お友だちのKazukoさんからお電話をいただきました。ご事情があってお庭の檸檬の木をお庭から撤去されるので、檸檬をどうぞ!と。

10年は経っていないという檸檬の木ですが、背丈はご自宅の2階に達するほどです。青々とした檸檬がたわわに実っています。きっと大切に育まれていらしたでしょう、この木がお庭からアットいう間に横たわってしまいました。

まだ青々しい檸檬をひとつ残らずKazukoさんともぎ取り、抱えきれないほどいただいてまいりました。

早々に、アメリカ時代にイタリアン・キャリナリー・インスティトュートで教えていただいたレシピでリモンチェロを作り始めました。
美味しくできますように!!
 


 

2008年10月17日(金)  

留守がちな静岡の家がたいへんなことになっています。夏が終わり少しお洋服の入れ替えをしようかな?と、クローゼットをチェックしますと、夫の皮のコート、バーバーがカビでいっぱい、まるでコーティングされているよう。チャンとお手入れをしてしまったはずなのに・・・。そして、家の中も埃でいっぱいです。気持のよい季節、今日は窓を大きく開け放ってお掃除。

ようやく少しずつお菓子を作りたいなぁ・・・と思うような季節になりました。今年はどうしてでしょう・・?何故かなにもしたくなくって・・・、そんな時間が長く続いていたのですが、10月の声を聞いて心の中に少しずつ心の中に小さな・・、ポジティブな私が見えてきたように思います。 

少しの時間を使って秋にお招きするお客さまをイメージしてみました。


2008年10月16日(木)  

昨晩に静岡に戻りました。今回は時間の許す限り久しくお会いしていなかった友人、大切な友人との時間を過ごしています。

一月半ほど前に鷹匠にOpenのイタリアン「IL Paladino」、「Le Cinqes」のランチ、そして久しぶりにおうかがいするNY Style Italian「YAMADAI」さん。どちらもが個性豊かで、愛情いっぱいのお料理。静岡にも美味しい風が吹きはじめているようです。

 

写真:「IL Paladino」でいただいた鶏のコンフィ、美味しかった!!

下はYAMADAIさん。あまり上手に撮れていませんが、キャンドルがいっぱいでとても好きな空間です。

 


2008年10月15日(水)  

JAPAN Cake Showに行ってまいりました。あまりの人の多さにビックリ!!

お菓子・・・、とても人気なんですね。

下の写真は入賞作品ではないのですが、私の大好きなテイストのお菓子でしたので・・・お願いして写真に収めさせていただきました。

 


2008年10月14日(火)  

夫は早朝に仕事の為、中国に発ちました。

私は午後にリクエストをしておりましたミキモトラウンジで行われるオークウッドの横田シェフのデモンストレーションにうかがうため、お昼に東京へ戻りました。

私は横田シェフのお菓子がとても好きです。何か素朴な温かみを感じます。今日のお菓子はブリオッシュの生地作りから始まり、そのブリオッシュをベースに焼き菓子を仕立ててまいります。ひとつはフレンチトースト、私が朝にチョコチョコっと作るフレンチトーストとは違って、時間をかけてとても丁寧に作ります。ほんのりこんがりと、とても美味しいフレンチトーストです、そしてクレームダマンドをブリオッシュ生地にクルクルと絞ってフレッシュのパイナップル、フィグをトップにタルト風に焼き上げていきます。サクサクっとした食感と甘すぎないベース、どんなフルーツにもあわせやすいように思います。そして、シェフが今先ほど電車の中で思いつかれ即興で作ってくださったバナナのオムレット風も加えて、四品。久しぶりにこんな風にお習いするレッスン、気持ちがキュッと引き締まりました。


2008年10月13日(月)  

三連休、最後の日です。日々、一つ二つと増え続ける和菓子のストック。まずはひとつ、その場でいただきまして、時間の経過と共にどのようにお味、もちろん食感が変化をしていくのかを確かめるのだ、と夫はお土産用も求めます。これでメタボにならないはずがありません。お昼に雑誌でチェックをした鳥料理やさんの親子丼をいただきました。先週に人形町の有名店でいただいたばかりですので東京と京都の比較ができるかしら?なんて思いました。人形町の方は開店前だというのに、たぶん100人以上の人が列を作っていました。今日おうかがいしたこちらのお店も開店時前ですのに、すでにお店はいっぱい、ウェイティング状態です。こういうお丼ぶりものって人気があるんですね!! 今日の親子丼はお味が濃いめで汁だく、すっかりお腹いっぱいいただきました。

先二晩、4時間もかけてゆっくりすごしたお夕食。明日は夫が早朝にでかけるということもあり、今晩はチョット軽めにお食事をしようと思っておりましたところに目に留まったお蕎麦やさん。チョット離れたところに位置するのですが、予約を入れてでかけてみました。お蕎麦やさんですがもちろん一品料理も美味しい。秋の味覚をいっぱいにお料理してくださいます。やっぱり鴨料理は特別に美味しいですね!10割ですが、艶よく喉ごしもよいお蕎麦でした。

今回もいっぱい食べて呑んでさんぽをして・・・、のんびりと初秋の京都を楽しみました。

Patisserie Kanae:今日もお客さんでいっぱい!! お洒落です。


2008年10月12日(日)  

相変わらずの和菓子屋さん巡りの一日です。お昼にチョット風変わりな(?)お店にうかがいました。四条烏丸のほど近いところにあるのに、何かまるで時代劇のワンシーンにタイムスリップしてしまったようなお店の中。小さなお膳の京料理をいただいたのですが、おみそ汁は各自お味噌と具を選ぶことができます。お膳の他にも美味しそうなお料理をお願いして、お酒もいただきながらチョット食べ過ぎてしまうほどのお昼。手軽で・・・、でも美味しいお店に出会いました。

そして、夜は今年の7月にOpenされたリストランテ ディ カッチャトーリへ予約を入れておりました。Miharuさんに選んでいただいたワインとサーブ、Nagataさんのお料理。今秋は残念ながらアルバへ行くことができません。でもNagataさんのお料理は私たちの大好きなチェーザレさんのお料理をベースに日本の美味しい食材を生かされたオリジナリティー溢れるものばかりでした。8月におうかがいしたときより、ますます魅力を増していたように思いました。最後にいただいた秋の味覚、美味しいリンゴのパイは、私が先日に作りましたタルト・タターンよりずっと美味しくて・・・、夫が横目でニヤリ!!「旨いねぇ、これ」とお代わりまでしてしまう気に入りよう。 写真はテーブルに楚々と置かれたお花と美晴さんチョイスのワイン。そして今日のメインのウサギ。カッチャトーリ、着実に祇園の街に根付いているようです。

実は8月におうかがいしたときに、こちらのお店でステキなご夫妻にであいました。MiharuさんとNagataさんのお友だちなのですが、何かヒョンなことからお話しをしはじめまして、時々ご連絡をさせていただいておりました。Honmaさんご主人は陶芸家でいらっしゃるのですが、明日から室町の町屋にて個展を開かれることになっていらっしゃるため、お忙しいはずなのに・・・。カッチャトーリで 再会することができました。Honnmaさん奥さまはお花のアーティストでいらっしゃいます。他分野の芸術家の方々とのお話も、私の五感を刺激いたします。美味しいワインとお料理に京都の夜は静かに静かに時を刻んでまいりました。

カッチャトーリ、今月号の婦人画報でご紹介されているそうです。私もまだ拝見しておりませんが・・・。

 


 

2008年10月11日(土)  

2ヶ月ぶりに京都へ来ております。三連休と言うことも知らずに、1週間前に急に思い立ちまして出かけてまいりました。ホテルを取るのも四苦八苦・・・。どうにか確保をいたしまして。

8月に訪れたときは暑くて暑くて・・・、ホテルで過ごすことが多かったのですが、今回は紅葉の季節には早いものの、どんなに歩いていても大丈夫!大好きな季節ですから・・・。

いつものことですが・・・、京都は美味しいものに出会う旅。ホテルにチェックインをして、まずは夜の6時からホンの短い時間だけお店を開かれるお団子をいただいて・・・、そして今日は「魚津屋」さんへ。今回は大阪の友人ご夫妻とご一緒です。初めてお会いした友人のご主人様は惚れ惚れするほどのお洒落な方でお話しもウィットに富んでいらして、とってもステキ!!

魚津屋さんでいただいたお料理、 ウ〜〜ン・・・、今日も、と言いましょうか?いつもに増して今日もたいへん美味しゅうございました。

 


2008年10月9日(木)  

目黒のお部屋から歩いて5分の所に庭園美術館があります。こんなに肌に優しく心地よい季節です。お散歩がてらでかけてみました。今回はちょうどアールヌーボー期の特別展が行われておりまして、英国製のオルゴールのプティ演奏会もありまして・・・。春に比べると庭の花々は豊かではありませんが、何かとても落ち着いた趣で、心ものんびりゆったり気分、大好きなこの季節を大切に過ごしたいと思います。

 


2008年10月8日(水)  

タタンを焼きました。じっくりと時間をかけて・・・、部屋中に甘酸っぱいリンゴの香りが漂います。もう少し焦がした方が私の好みかな・・?

 


2008年10月7日(火)  

アメリカに滞在している頃よりずっと、いつの日にか・・・、と心描いていたカルトナージュ。帰国をして数々の先生の作品を見せていただいていた中で、私は国府田さんのお色使いとその作品に、いつかこの方にお習いしたいと思っておりました。今日、はじめてお稽古してまいりました。マイペースの上にブキッチョ(?)ですので、あまり上手にできません。でも、心にフワリと何か温かいあかりが灯ったように・・・惹かれました。


2008年10月6日(月)  

久しぶりにアメリカ時代の友人達とお会いしました。皆、それぞれに新しい生活に慣れてきたようです。アメリカ時代を懐かしむ気持ちと、今の生活を大切に思う気持ち。どちら も大切にしたいなぁ、と思います。

写真は「BREEZE OF TOKYO」のデザート。カジュアルなスタイルですがフルフルという食感がとても口溶けよく優しいお味!!


2008年10月3日(金)  

秋の栗のお菓子です。ジェノワーズをベースにクレーム・ディプロマットと和栗をたっぷりと使って、トップはマロン・シャンティイでシンプルに仕立てました。

昨日のことになるのですが、わたくし初めてサロネーゼ(?)というセミナーにうかがいました。 おもてなしのヒント、ハウスキーピング、テーブルコーディネート等、トータルでライフスタイルのコーディネートを提案くださる市川吉恵さんのセミナーです。今回は市川さんのご自宅にうかがうものではなく、 横浜にある一つの倶楽部の中で行われたものでした。市川さんのしなやかで柔らか な雰囲気に包まれて、お話しが進んでまいります。エレガントな中にもシンプルな・・・、シンプルな中にもエレガントな立ち振る舞いが・・・。そう、いつまでもそんな風な女性でありたいな、心に描きました。


2008年10月1日(水)  

ラデュレが銀座にOpenして、もうふた月が経ちます。ようやく今日サロンでお茶?軽いブランチ?をいただいてまいりました。お店の色合いはパリの雰囲気そのままで、好きですね、とても!!ブティックはマカロンが宝石のように並び、そしてスウィーツもとても美しい。

お茶はフレーバーがほとんどでしたが、ご一緒したMichiruさんもわたくしもストレートをと思いまして、ダージリンをいただきました。でも、やはり香りが付けられているものの方がラデュレは美味しいのかしら・・? フト、そう思ったりして・・・。


静岡市の中心部で、人数を限定して、美味しく 楽しく 幸せな ひと時をすごしていただける、お菓子と紅茶のお教室のご案内 静岡 お菓子 教室 紅茶