The Five Golden Rules英国式ゴールデンルール

美味しく紅茶を入れるためには、やはり守っていただきたいルールがいくつかあります。
貴族、上流社会に発した紅茶文化が一般大衆に普及していった頃、ミセス・ビートンの家政書の中で「紅茶を美味しく入れるために守りたい ルールとヒント」が紹介され、今なお受け継がれています。絶対的なルールではないかもしれませんが、ホンのチョットした心配りがこんなにも美味しいお茶にしてくれるのです。ぜひお試しください

 
   The Five Golden Rules

下記の5項目は茶の味、色、香りを引き出すための重要なポイントと言われています。
1.You should use high quality tea. 品質のよい茶葉を使う
2.Warm the tea pot. ティーポットは温めておく
3.Measure the tea into the Pot. 茶葉の分量をきちんと量る
4.Add freshly boiled water. 新鮮な沸かしたての湯を使う
5.Wait a few minutes for the tea a brew. 茶葉を蒸らす抽出時間を正確に計る

ほんの少しの心得
ティーポットは陶磁器か銀製またはガラス製のものを使用します。底が丸くふっくらとし胴丸形タイプのものを選びま   す。これは紅茶を入れる際に大切なジャンピングを起こすために必要なことです
紅茶を入れる前には必ずティーポットとティーカップにお湯を注ぎ、温めておきます
茶葉をしっかり蒸らすことはとても重要なポイントです
 

 

 

Tea Make

1.ケトルに汲みたての水を勢いよく入れ、沸騰させます。紅茶の湯には沸騰直前の95~98℃位の温度がベスト。5円玉位の泡がボコボコと出たら火を止めます(写真 1)

 


2.温めておいたポットのお湯を捨て茶葉を入れます(写真2)

 


3.沸かしたての新鮮な熱湯を20~30cm程の高い位置から勢いよくお湯をポットに注ぎます(写真 3)こうすることにより、ジャンピングが起こり、より一層美味しい紅茶になります

ジャンピング:お湯を入れたときに茶葉の半分以上が上に浮かび、沈ん   でいる茶葉はくるくる回りながら徐々に浮き上がり、上下の茶葉が対流を起こします。そして3分後には全てが静かに沈み茶葉の持ち味を引き出してくれるのです。これが上手く起これば大成功
 

* 1杯分の湯の目安は140~150ccですが、
1人分のお茶を入れるときでも必ず2杯半分(約350cc)を入れます

少ない量でお茶を淹れても美味しく入らないからです


4. 蒸らす時間は細かい茶葉は2分半〜3分、大きい茶葉は5分〜6分が目安とし砂時計を使って時間を正確に計ります(写真4)大切なことは温度を下げないよう注意するということです

お茶を淹れるときに必要な道具

  お茶を淹れるときに必要な道具
              写真 1
                 写真2
                 写真 3
 
   ガラスのポットではジャンピングを見ることが出来ます                  写真4

5.蒸らし時間が終わったら風味、水色を均等にするためにポットを大きくまわすか、スプーンで軽くひと混ぜします


6.各々のカップに濃さが均一になるようにティーストレーナーを使用してカップの8分目まで回すように注ぎます(写真5)最後の1滴は「Best Drop」と言われています


7.今日でも今なお楽しみ、論議されている説に「Milk in First」 「Milk in Later (After)」があります。ミルクを先に入れるか、後にいれるか・・・!? きっと、それは紅茶を愛すればこその楽しい論議なのでしょうね。どうぞ、あなたのお好きな方でお試しください。大切なことはミルク:低温殺菌の不均質ミルク ということであり、決して温めないということです!(写真5はミルクイン・ファースト 写真 6、7はミルクイン・アフター)

 

                 写真5
              写真 6
                写真 7
 
 

 

English Milk Tea    
茶葉…TSP2杯、
低温殺菌の不均質ミルク(NON・HOMOGENIZED)
1.カップは、冷たいミルクを入れるので、紅茶がぬるくならないようによく温めておきます
2.ポットに分量の茶葉を入れ、沸騰した熱湯を勢いよく注ぎます。美味しく出来るかどうかはこの時ポットの中でジャンピングが上手に起こるかどうかにかかっています。
3.ミルク(量は20〜30cc:決して温めないで)を温めておいたカップに入れます。
4.よく蒸らした紅茶をカップに注ぎます。冷たいミルクを入れるので、ぬるい感じをなくすためにカップに9分目まで注ぎます。お行儀が悪いなんて思わないでくださいね

 

Tea Bags
1.基本的なルールはリーフティーの「美味しい入れ方」と同じです。ティーバッグは1人分1袋に作られていますので、人数分のティーバッグをポットに入れ、お湯をポットに注ぎ、ふたをして蒸らします。40秒から1分位が目安です
ティーバッグの茶葉はとても細かく、短い時間で抽出できますので渋味が出過ぎないよう蒸らし時間に注意して下さい
2.蒸らし終わったらティーバッグを優しく数回振り、取り出し温めておいたカップに注いでいただきます
直接カップにティーバックを入れるときは、お湯を入れてソーサーでふたをして蒸らします。お行儀が悪いように見えますが、こうすることにより、とても美味しい紅茶がいただけます

 

     Tea Bags